トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

靖国参拝

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 17:11:13.81 ID:???
(前略)
デイリー・テレグラフ(WEB版)に寄稿した内容は、劉大使のものよりも林大使のものの方が、
はるかに説得力のあるものだった。

劉大使の寄稿は、安倍首相の靖国参拝から始まり、靖国神社の説明と、
靖国への訪問は中国や韓国の強い非難があること、安倍首相には自責の念がなく、
中国脅威論を高め軍国主義への復活に都合のいい言い訳にしていることなどが挙げられた。
総じて観念的で、言いがかり的な要素の強い印象を与え、
根拠のない非難で日本に対する不信感を植え付けさせようとする狙いが透けて見えるものであった。

その劉大使の文章に比べ、林大使の寄稿は事実を淡々と述べたものであった。
2013年2月のレーダー照射事件は戦闘行為にも等しいこと、
中国船は繰り返し日本の領土に侵入していること、また一方的な防空識別圏の設定にも及んだ。
さらには日本が戦後68年の間、民主主義国家であり続けたこと、人権を尊重し、
世界平和にもコミットしてきたことなどを述べた。

さらに、過去20年において自国の軍事費が10%以上も増加している国が、
隣国を軍国主義と呼ぶことの矛盾も指摘した。そして、中国が好んで使う「ドイツの謝罪」を例に挙げ、
これにはドイツのリーダーの誠実さとともに、フランスや英国、その他欧州のリーダーたちの寛大さが、
和解への達成をもたらした重要な要素であったことを加えた。
(中略)
さて、さらに関心を引くのが、読者から記事に寄せられたコメントである。デイリー・テレグラフの読者の間では、
「チベット問題はどうなのか?」「ウイグル問題はどうなのか?」「天安門事件は?」「文化大革命は?」
などの議論が持ち上がった。いずれも中国にとっては“禁断の泣き所”である。

参考までにマリナ・メンデスさんのコメントを紹介しよう。

I am too far away from both Japan and China to really have a strong interest in their problems with each other.
But in my humble opinion, the Chinese government must compensate and apologize to the Tibetans and Uighurs,
and vacate their homelands which it has invaded and occupied illegally through killing and wars of conquest,
before it can talk to Japan about any similar issues (apology, militarism, etc.)

要約すれば「日本の謝罪や軍国主義について語る前に、
中国政府はチベット、ウイグルに対して謝罪すべきである」という内容である。

中国に有利な世論を形成するには、日本に「軍国主義」の烙印を押すのが手っ取り早い。
だが、それは69年前の終戦までの話であり、現在に至るまで日本はどことも戦火を交えていない。
建国後も国内外で武力をふりかざし軍事予算を積み増す中国が、
「日本は軍国主義だ」と中傷しても、なんら説得力を持たない。ましてや、世界の国民が冷静に判断すれば、
「共産党独裁で人権をないがしろにする中国が、日本のことを言えるのか?」という議論にも容易に発展する。

中国はテレビ放送など多様な手段を通して日本攻撃を展開している。中国中央テレビだけでも24チャンネルを有し、
6つの公用語で放送、また中国ネットテレビに至っては12言語での視聴が可能だ。
世界への情報伝達力は、いまだ「NHKワールドの英語放送」の域を出ない日本をはるかにしのぐものがある。

また、各国駐在大使を総動員しての刷り込みも効果を上げたかもしれない。さらにネット上では、
「世界に散らばるイングリッシュネイティブの中国系」が中国政府の主張を声高にバックアップするシーンも日常化している。
ただし、それらは共産党の宣伝メディアによる情報発信であり、
鵜呑みにできるものではないことを、一部の聴衆は認識している。

デイリー・テレグラフに書き込まれた500を超えるコメントの中には、中国支持者によるものももちろん存在した。
だが、それでもなお、全体としては中国の一面的な発信に疑問を投げかける冷静な読者が世界に存在することを告げるものであった。

ものごとを多面的に見る習慣を持つ国際感覚のある人たちから見ると、
中国の対日バッシングはいかにも「子供じみた行為」に映る。
中国は世論形成作戦をあまりやり過ぎると、かえって藪蛇になるだけだろう。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39938?page=3
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39938?page=4
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39938?page=5

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392883873/
【【イギリス】英国紙に中国大使が「反日」寄稿→「まずチベット・ウイグルに謝罪せよ」など500件のコメントが寄せられる】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 15:53:00.07 ID:???
参院の統治機構調査会は19日、野中広務元官房長官を招き、参考人質疑を行った。
野中氏は、安倍晋三首相による官邸主導の政権運営について
「ブレーン諮問内閣制で、議会制民主政治は機能不全となり、相当危険な事態になっている」
と批判した。

中国や韓国が反発した首相の靖国神社参拝に関しては「誠に残念だ」と指摘。

「中国の対立国を積極的に回り、(対話の)門戸を開いていると言いながらハードルを高くする姿は、
一体何を目指しているのか」と、首相の外交姿勢への疑問も呈した。(2014/02/19-18:30)

http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014021900769

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392879180/
【【国内】野中広務「安倍首相の靖国参拝で中国・韓国が反発し誠に残念。中国の対立国ばかり回り何が『日中対話のドアはオープン』か」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 00:28:07.00 ID:???
麻生太郎副総理兼財務相は19日の衆院予算委員会で、
安倍晋三首相の靖国神社参拝について「各国からいろいろな話(批判)があると聞くが、
外務省に正式に抗議が来たという話を聞いたことがない」と述べ、
批判しているのは中韓両国など一部の国に限られるとの認識を示した。
日本維新の会の遠藤敬氏の質問に答えた。

 麻生氏は「尊い命を投げ出した人たちを国家が最高の敬意をもって祭るのは当然だ」
と主張。「きちんと対応しようという首相の気持ちにいささかも反論するつもりはない」と語り、
参拝を支持する考えを改めて示した。【青木純】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140219-00000113-mai-pol

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392823687/
【【靖国参拝】麻生副総理「外務省に正式な抗議が来たと言う話を聞かない。安倍首相を批判しているのは中韓など一部だけ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/17(月) 19:17:06.74 ID:???
米下院外交委員会のロイス委員長は17日、
超党派の日米国会議員連盟で会長を務める中曽根弘文元外相と都内のホテルで会談し、
昨年末の安倍晋三首相による靖国神社参拝について
「中国を利するのではないか」と懸念を伝えた。
参拝を機に中国が対日批判を強めているのを踏まえた発言とみられる。

中曽根氏は「不戦の誓いのための参拝だ」と理解を求めた。

日韓関係をめぐり、中曽根氏は旧日本軍による従軍慰安婦問題に関し
「事実に基づいて冷静に議論するのが大切だ」と指摘した。
会談には議連副会長の井上義久公明党幹事長らが同席した。

 ロイス氏はこの後、安倍首相とも官邸で会談。

http://sankei.jp.msn.com/world/news/140217/amr14021717430004-n1.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392632226/
【【日米中】「安倍首相の靖国参拝は中国を利する」 米下院のロイス外交委員長、与野党議員に懸念を伝達】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ニライカナイφ ★ 2014/01/28(火) 13:25:51.50 ID:???
◆【首相靖国参拝】駐仏大使も中国に反論 「いたずらに過去を蒸し返し対話を拒んでいる」

フランスのフィガロ紙は27日付で、同国駐在の●(=曜のつくり)●(=携のつくり)・中国大使が
寄稿で安倍晋三首相の靖国神社参拝を批判したことに対し、日本の鈴木庸一駐フランス大使が
「中国は、いたずらにありもしない(日本の)過去を蒸し返し、対話を拒んでいる」などとした反論を
掲載した。

鈴木大使は、日本の軍国主義復活を語る中国こそ軍事費を大幅に増やし、
「地域の緊張の原因となっている」と指摘。
靖国神社については「多くの戦没者の遺族にとって愛する人に再会する場」であり
「戦後の歴代首相が参拝しているが、中国が問題にし始めたのは最近」とした。

中国の●(=曜のつくり)大使は16日付同紙で「日本は歴史に向き合っていない」などと批判した。

MSN産経ニュース 2014年1月28日12:05
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140128/plc14012812120010-n1.htm

【【靖国参拝】駐仏大使「中国はいたずらにありもしない日本の過去を蒸し返し対話を拒んでいる。靖国は遺族が愛する人に再会する場」】の続きを読む

このページのトップヘ