トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

集団的自衛権

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/18(火) 19:26:37.13 ID:???
(前略)
オバマが東アジアで追求するアウトソーシング外交の中心軸は日本だ。
よく言えば「アジア回帰(Pivot to Asia)」であり、「再均衡(rebalancing)’であって、
実状は日本を前面に出し、「手を当てないで鼻をかむ(物事を労力を使わず容易に済ませるという意のことわざ)」
ということだ。日本の軍事的役割の拡大を通して中国を牽制する下心だ。

日本の安倍晋三総理は米国の拍子に合わせて熱心に踊っている。
国際社会の責任ある一員として東アジア平和と安定に寄与するという
「積極的平和主義」を旗幟とし前面に出しているが、内心はこの機会に過去70年間、
日本を固く締めつけてきたサンフランシスコ平和体制のくびきから抜け出して交戦権を持つ
正常国家に変貌しようということだ。改憲や憲法解釈変更を通じて集団的自衛権を確保しようとするのもこのためだ。

しかし、日本のこのような動きを見る周辺国の視線は冷たい。ドイツに対する視線とは全く違う。言うまでもなく、
ドイツは過去の歴史に対する猛省と謝罪を通じて生まれ変わった反面、日本はそう出来なかったためだ。
万一、ガウク大統領が言った言葉を安倍総理が言ったとしたら、
東アジアはまた、一度蜂の巣をつついたように騒々しかっただろう。

戦後体制の鎖から抜け出したい日本の心情は十分に理解することができる。
中国の浮上で日本の効用価値が高まった今が絶好の機会であることも事実だ。

米国と堅固な同盟関係を維持しながら韓国・中国とも協力的関係を構築するならば
日本は米中の間で均衡者役割をすることもできる。日米同盟を横軸、
韓日中の三角協力体制を縦軸にする時、東アジアで日本の外交地平は見違えるほど拡張されるだろう。

北大西洋条約機構(NATO)という集団同盟体制とヨーロッパ統合という二本の軸を通じて
ヨーロッパを導いているドイツを他山の石としなければならない。
過去の歴史に対する率直な謝罪と反省、領土問題を遠い将来に先送りする勇断。
この二つさえあれば可能なことだ。
そのようなビジョンと勇気を持った指導者が安倍総理だと私は信じたい。

ペ・ミョンボク論説委員・巡回特派員

http://japanese.joins.com/article/917/181917.html?servcode=100&sectcode=140

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392719197/
【【中央日報】安倍のビジョンと勇気が見たい~ドイツのような謝罪と領土問題上げを行い、米国と中韓の間でバランサーとなれ】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/27(月) 18:55:43.56 ID:???
中国メディア・人民網は24日、日本政府が先日開いた有識者会議で、
武力的侵害を受けていない状況でも集団的自衛権を行使できるように
関連法律を整備するための報告書を、今年の春に発表すると決定したことを伝えた。

有識者会議ではまた、領海に侵入した外国の潜水艦が警告に応じてその場を離れなかった場合に
集団的自衛権を行使できるようにすべきとの見解も示された。

この報道に対して、中国のネットユーザーからは以下のような意見がでた。

「不意打ちのための合法性だ」
「ついに戦争の準備を始めた」
「中国のメディアは日本人が投資してるんじゃないか。毎日日本のニュースばかりだ」

「隣国民の生命と財産の安全、領土を脅かすもので、悪質極まりない。
PKO派遣を国連に申し立てて、日本に安全思想教育を施すべきだ」
「中国が今後、先に手出しするようなことがなければ、日本は永遠に卑怯者扱いされるだけだ」
「日本は戦火をともして、新たな軍国主義を打ち立てたいのだ」

「米国は理由のない出兵はしないから、自滅するだけ」
「ここまで来たらもう自衛隊じゃなくて国民軍だろう」

次のコメントは、中国語で「衛」と「慰」の読みが同じあることを利用したものだ。

「自慰隊? なるほど、日本の女性はみんな米国の兵士を慰安しにいくのだろう」

「わが人民は日本が攻撃してくることを待っている。積み重なった恨みを晴らしてやるぞ」
「日本はますます危険になった」 (編集翻訳 城山俊樹)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140127-00000003-xinhua-cn

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390816543/
【【中国/ネット】自衛隊が先制攻撃可能に!?「遂に戦争の準備を始めた」「中国メディアは日本のニュースばかり」「PKO派遣し再教育しろ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: そーきそばφ ★ 2013/12/25(水) 10:35:59.66 ID:???
 アフリカ東部の南スーダンに派遣されている韓国軍のハンビッ部隊が、現地での内戦発生に備えるため、
日本の自衛隊から実弾1万発の提供を受けたことが、韓日両国の外交問題にすり替えられている。

 日本政府の報道官に相当する菅義偉官房長官は23日夜、緊急の談話を発表し「政府は国連憲章を順守する
平和国家としての基本理念を維持しながら、国際協調主義を基盤とする『積極的平和主義』の下、
国際社会により一層貢献していく」と述べた。

 これについて産経新聞は「韓国側は実弾の提供を公表しないように要請してきた」とした上で
「日本政府は官邸主導で、最近発足した国家安全保障会議(NSC)の存在意義を示す機会として活用した」と報じた。

 日本政府内部では、今回の実弾提供が「集団的自衛権」の行使に向け実績を積み重ねる結果になるとの見方が出ている。

 韓国政府は、日本政府がこの問題を政治的に利用しているとみて、日本に対し「警告」のメッセージを伝えたという。
韓国政府のある幹部は「国連南スーダン派遣団(UNMISS)を通じ、迂回(うかい)的に実弾の支援を受けただけにもかかわらず、
日本側が軍事的な役割の拡大に結び付けている。外交ルートを通じ、強い遺憾の意を伝えた」と語った。

 外交部(省に相当)の趙泰永(チョ・テヨン)報道官は24日の定例記者会見で「ハンビッ部隊は最近、
南スーダンの不安定な状況を受け、防衛力を強化する観点からUNMISSに弾薬提供を要請し、
UNMISSを通じて(日本から)支援を受けたにすぎない。それ以上でも、それ以下でもない」と述べた。

 また、別の政府幹部は「そうでなくても韓日関係が悪化しているときに、日本はより慎重な態度を示すべきだ」と語った。

朝鮮日報日本語版 12月25日(水)9時33分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131225-00000378-chosun-kr

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387935359/

ってか、さすが韓国人、恩は仇で返すって言う文化と言うか民族なんですね。さすがです。あーだから韓国人は世界中から嫌われているのですか?

【韓国政府幹部「日本に強い遺憾の意を伝えた」 日本政府がこの問題を政治的に利用していると懸念】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: そーきそばφ ★ 2013/12/25(水) 10:30:06.46 ID:???
 国連南スーダン派遣団(UNMISS)の一員として現地に派遣されている韓国軍の「ハンビッ部隊」が23日、
国連を通じ現地で日本の自衛隊から小銃用の弾丸1万発の提供を受けていたことが分かった。韓国は今年3月、
南スーダンに210人の工兵部隊とその警護に当たる70人の兵士を派遣。
自衛隊も主に工兵を中心とする320人規模の平和維持部隊を派遣している。
韓国と日本は兵力の構成や部隊の規模ではほぼ同じだが、韓国軍は個人で携帯が可能なレベルの実弾のみを保有していたのに対し、
自衛隊は不測の事態に備えて余分の実弾や火器を所持していたことが分かった。

 今月15日以降、南スーダンでは現職大統領と前副大統領のそれぞれが率いる部族間の紛争が内戦にまで発展し、
国連平和維持軍の安全まで脅かされるほどになってしまった。これは7月に大統領が副大統領を解任した時点で
ある程度は予測できていたことだ。だとすれば10月に現地に到着し、第1陣と交代した韓国軍の第2陣は、
自分たちを守るための最低限の武装は当然しておくべきだった。ところが韓国軍の上層部は派兵に先立ち、
当然やっておくべき現地の状況把握やその分析さえ怠っていたのだ。

 韓国軍は当初、現地に展開するUNMISSに実弾の支援を要請したという。UNMISSの一員として
南スーダンに派遣されている11カ国のうち、韓国軍が使用する5.56ミリ口径の実弾を保有する国は米国と日本しかなく、
最終的に国連軍が中間に立って米軍と自衛隊から実弾を確保し、韓国軍に提供されたというわけだ。

 これについて韓国国防部(省に相当)は「現地にいる責任者の判断を尊重し、国防部の次元で決定を下した」と説明している。
日本は韓国からの要請を受けると同時に、安倍首相を中心に関係閣僚による会議を開き、直ちに官房長官が会見を開いて
実弾提供の事実を公表した。日本の各メディアはこれを大きく報じ、一部では「安倍首相が推進している『集団的自衛権』の
必要性を示す最初の事例」といった評価まで出ている。

 今回の一連の事態を受け、日本は首相が直接会議を主宰したが、韓国は現地にいる責任者の提案に基づき国防部が
単独でこの重大な決定を下した。しかしこの韓国の対応についてはどうも納得がいかない。今回の決定が呼び起こす
外交面での影響について、韓国政府は誰も検討さえせず、頭を悩ますこともなかったのだ。これでは何のために
毎週のように外交安全保障の関係閣僚会議を開催し、また何のために大統領府に韓国版国家安全保障会議
(NSC)事務局を新たに設けたのか、理解ができない。

 日本は今回の事態について、安倍政権が掲げる「積極的平和主義」に韓国が同調したかのように主張するだろうが、
そのようなことは絶対にあり得ない。しかし日本がこのような主張を行う口実を与えたのは、間違いなく韓国国防部と
軍の無能さにある。今回明らかになった韓国政府の外交安保政策における意思決定プロセスの問題点は、
必ず早急に修正しなければならない。

朝鮮日報日本語版 12月25日(水)9時58分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131225-00000388-chosun-kr

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387935006/

ってか、文句言うなら借りるなよって感じですが。まあ遠足感覚で派遣されたんですかね?知らない地に予備弾薬持たずに行きますかね?怖くないですか?てか、現場の兵士が可哀想。いろんなとばっちり受けるんでしょw

【日本に集団的自衛権の口実与えた韓国軍の無能さ-銃弾提供問題】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 荒波φ ★ 2013/12/19(木) 18:45:32.12 ID:???
【ソウル聯合ニュース】

韓国国会は19日の本会議で、日本政府が集団的自衛権の行使容認に向け憲法解釈の見直しを進めていることについて
懸念を表明し、行使容認の動きを止めるよう求める決議案を採択した。

決議案は「日本政府は集団的自衛権の行使容認を通じ、北東アジアで日本の影響力拡大を試みてはならず、
韓国政府の容認や同意なしで朝鮮半島内で集団的自衛権を行使できない」とした。

また、「日本政府は集団的自衛権の行使容認の前、過去の歴史を否定して美化し、
歪曲(わいきょく)することがあってはならない」と指摘。

「特に、戦時の慰安婦に対する人権蹂躙(じゅうりん)行為に関する明確な反省と賠償があるべきで、
過去の侵略行為や靖国神社に合祀(ごうし)されている第2次世界大戦の戦犯に対する美化行為を止め、
韓国の領土である独島に対する侵奪意図を放棄しなければならない」と強調した。

米国に対しては、「日本政府の歴史を否定する行為は戦後形成された国際秩序に反する」とした上で、
「日米同盟強化の一環として推進される日本政府の集団的自衛権の行使容認の過程で、
日本に対し韓国の憂慮を払しょくさせるよう働きかけるべきだ」と注文した。

決議案は国会東北アジア歴史歪曲対策特別委員会で与野党が合意し、本会議に提出された。

「日本政府の集団的自衛権行使推進中断を促す決議案」と題し、集団的自衛権の行使容認を認めない立場を示しながらも、
内容には「中断」との表現を使わず、韓国政府の同意のない朝鮮半島内での自衛権行使の禁止などを強調した。

集団的自衛権の行使容認に対する国際社会の支持が相次いでいることを踏まえたものとみられる。

最大野党・民主党の洪翼杓(ホン・イクピョ)国会議員は
「決議案の内容は事実上、日本の集団的自衛権を認めている」として、採択に反対した。

決議案は在籍議員187人中、賛成125人、反対29人、棄権33人で可決した。


2013/12/19 18:16
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2013/12/19/0800000000AJP20131219003600882.HTML

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387446332/

日本の過去の歴史に反省を促す前に、自国の過去の歴史を反省したほうが良いのでは?と言うか、韓国と言う国は第二次世界大戦後に出来た国だからそれ以前の歴史ね。

ま、朝鮮半島において集団的自衛権の行使は韓国政府の同意を求めるのは理解できる。ってか、要は北朝鮮攻めてきても自分らで対応できるから何もしてくれなくて大丈夫って事でしょ?

ってか歴史歪曲対策特別委員会ってあるんだw ここで歴史が改編され都合よく変えられている訳ですねw

【集団的自衛権見直し 韓国国会が中止求める決議案採択】の続きを読む

このページのトップヘ