トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

表現の自由

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/27(月) 09:59:11.15 ID:???
NHKはこれから大丈夫か、と感じた人が多いのではないか。

新会長の籾井勝人氏が記者会見した。内容はNHKの先行きを心配させるものだった。
尖閣や竹島の領土問題について「明確に日本の立場を主張するのは当然のことだ」と述べた。

日本の立場を内外に伝えるのはいいとしても、
政府の言い分を一方的に報じるだけではメディアの役目は果たせない。対立をあおり解決を難しくするだけだ。
中国や韓国の主張も過不足なく日本国民に伝えてこそ打開の環境は整う。
NHKが政府の宣伝機関になってはいけない。

「通った(法律が成立した)ので、言ってもしょうがないんじゃないか」。
これは特定秘密保護法についての発言だ。

法律は成立し公布されたが、施行はこれからだ。橋本龍太郎内閣のときの財政構造改革法など、
公布された法律が施行されないで廃止された例はある。
野党は秘密法廃止法案を今の国会に出すことにしている。国会の外では反対運動が続いている。
この状態での「しょうがない」発言は政府方針の追認になる。中立、公正と言えない。

世界に波紋を広げそうな発言もあった。従軍慰安婦についてドイツとフランスの国名を挙げながら
「どこの国にもあった」と述べている。関連してオランダの売春街にも触れた。

従軍慰安婦はいま、米国への韓国少女像の設置などをめぐり国際問題になっている。
発言は火に油を注ぐようなものだ。

籾井会長は「日韓基本条約で全部解決している」とも述べている。この発言も不適切だ。
日本の謝罪と補償を求める人が今もいることを無視している。

NHKは受信料で支えられる公共放送だ。国営放送とは違う。
国民、視聴者に奉仕するのが第一の役割だ。憲法が放送などメディアに「報道の自由」を認めているのも、
国民の「表現の自由」を保障するためである。公共放送であっても、いや公共放送だからこそ、
NHKは政府から一線を画し報道機関として筋を通すべきなのだ。

会長の選任プロセスにあらためて目が向く。会長を選ぶ権限は経営委員会がもつ。
政府は昨秋、委員のうち4人を安倍晋三首相に近い人物に差し替えた。
そうやって決まったのが籾井会長である。

NHKが政府べったりにならないか心配だ。今後の番組作りには厳しい目を注がねばなるまい。

http://www.shinmai.co.jp/news/20140127/KT140126ETI090001000.php

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390784351/
【【信濃毎日新聞/社説】NHK籾井新会長で公共放送の行方が心配。政府の言い分だけでなく中国・韓国の主張も伝えねば】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/27(月) 12:31:08.07 ID:???
公共放送のトップとしてあまりに見識を欠いた発言に驚きを禁じ得ない。

NHKの新会長に選出された籾井勝人(もみいかつと)氏が就任会見で、
従軍慰安婦や領土問題をはじめとする外交・政治分野の懸案事項について、政治的中立を疑われかねない持論を次々と展開した。

 立場をわきまえない、乱暴な発言であり、到底容認できない。会長を選んだ経営委員からも批判が出ている。当然だ。
新会長は経営委員会で選出された。どういう経緯で籾井氏が選ばれたのか疑問がわく。
28日には委員会が開かれる。その場で責任ある対応が求められよう。

 会見では、看過できない数々の発言が飛び出したが、慎重であるべき中国、韓国との歴史認識問題に関する発言は、とりわけ重大だ。
 籾井氏は従軍慰安婦問題について、「戦争をしているどこの国にもあった」と述べ、日本に戦後補償を要求する韓国の立場を批判した。
 NHKでは過去に、慰安婦をテーマに特集番組が作られた際、安倍晋三氏らの意をくむ形で改編され、訴訟に発展した経緯がある。
 まるで政権の代弁者であるかのような発言に、強い違和感を覚える。

 任期中の最重要課題として挙げたのも、尖閣諸島と竹島の領有権問題だった。籾井氏は「日本の立場を主張するのは当然だ」と強調した。
 念頭にあるのは、外国人向けの国際放送の拡充に伴い、その主張を内外に広めることにある。
 NHK会長がこうした踏み込んだ発言をするのは異例だ。

 報道の自由や知る権利が侵害されるとして、多くの報道機関が危機感を募らせている特定秘密保護法についても
「法案が通ったのだから言ってもしょうがない」と述べた。
 これが、多様な視聴者の期待に向き合うNHKを率いる会長の、公の発言なのだろうか。

会長を支える経営委員会のメンバーの大多数は、安倍首相と近い関係にある。
政治との距離をいかに保つかが、今回の会長就任の最大の焦点だったはずだ。
 会見で籾井氏は、「放送法があるが故に、われわれは(政府との)距離を保てる。私は政治家も知らない」と明快に答えた。

 放送法は、放送が守るべき原則として「不偏不党」「表現の自由」を掲げ、
会長に番組編集権を与えるとともに、「政治的公平」と「多様性の尊重」を求めている。
 残念ながら会見からは、それを貫く覚悟の一端も読み取れなかった。
 籾井氏の資質を厳しく問い、発言の真意をたださなければ、視聴者は納得しない。

http://www.hokkaido-np.co.jp/news/editorial/517543.html

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390793468/
【【北海道新聞/社説】「慰安所はどこにもあった」「竹島・尖閣で日本の立場を主張」と政権代弁者の如きNHK籾井会長。厳しく質す】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/12(木) 10:41:58.50 ID:???
 「表現の自由」との兼ね合いから容認されている「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などによる
排外差別デモの撤廃を求める第3回国会集会が11月28日、参議院議員会館で開かれた。
集会ではジャーナリストや大学教授、弁護士ら6人が報告に立ち、
「表現の自由」とのバランスを尊重しつつも一定の法的規制は必要との方向性を確認した。

 在特会側が「錦の御旗」としているのが日本国憲法で保障された「表現の自由」。
日本政府はこの「表現の自由」を盾にデモを許容しているため、
警察に守られた「反韓・嫌韓デモ」が全国各地に広がっているのが実情だ。

 11月10日には初めて東京の足立区でも行われた。
ここでも「在日ゴキブリ朝鮮人」や「朝鮮人を叩き出せ」などのヘイトスピーチが行き交った。

 報告者の一人でジャーナリストの安田浩一さんは、「規制すべき差別はない」とした
日本政府の見解について「現実を無視したもの」と批判。
「現場でいちばん沈黙を強いられているのは被害当事者。被害当事者だからこそ沈黙を余儀なくされている」と指摘した。

 市民レベルでヘイトスピーチ反対運動を展開している辛淑玉さんによれば、
「のりこえねっと」を立ち上げてからというもの、メールなどによる嫌がらせが殺到しているという。
「当事者として日本社会で声を上げるのは大変」と、安田さんの発言を裏付けた。

 李春熙弁護士も、当事者たるマイノリティーが自ら被害の回復に立ち向かうことがいかに難しいかを説き、
「被害の存在、現状から考えよう」と訴えた。

 師岡康子さん(大阪経済法科大学客員研究員)は、
「不特定多数へのヘイトスピーチがマイノリティーに死ぬほどの苦しみを与えている」と前置きし、
「まずこれを違法にしなければならない」と述べ、「包括的差別禁止法」の必要性を訴えた。

 ただし、表現の自由とのバランスを尊重しなければならないことから、
「規制は必要だが、乱用をどう防ぐか。乱用の危険を踏まえつつ、規制法をつくっていこう」と呼びかけた。

 最後に呼びかけ人の有田芳生参院議員が、
来年にも包括的差別禁止法を議員立法として国会に提出していくとの考えを明らかにしながら、
「2014年を差別撤廃の大きなうねりをつくる年にしたい」と締めくくった。(2013.12.11 民団新聞)

http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=5032&corner=2

【統一日報】民主党・有田芳生議員「来年に人種差別禁止法を提出し、在特会らの在日韓国人への嫌韓デモ等をなくす」★3[12/04]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386161059/

【辛淑玉 在日韓国人として嫌韓デモ法規制を訴えるのは大変 規制する前に同胞の問題は考えないのか?やはり自己中心的なのか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★ 2013/12/11(水) 15:55:14.07 ID:???0 BE:873043564-PLT(12069)
★<第3回国会集会>「差別禁止法」制定を…ヘイトスピーチに歯止め必要

「表現の自由」との兼ね合いから容認されている「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などによる
排外差別デモの撤廃を求める第3回国会集会が11月28日、参議院議員会館で開かれた。集会ではジャーナリストや大学教授、
弁護士ら6人が報告に立ち、「表現の自由」とのバランスを尊重しつつも一定の法的規制は必要との方向性を確認した。

在特会側が「錦の御旗」としているのが日本国憲法で保障された「表現の自由」。日本政府はこの「表現の自由」を盾にデモを許容しているため、
警察に守られた「反韓・嫌韓デモ」が全国各地に広がっているのが実情だ。

11月10日には初めて東京の足立区でも行われた。ここでも「在日ゴキブリ朝鮮人」や「朝鮮人を叩き出せ」などのヘイトスピーチが行き交った。

報告者の一人でジャーナリストの安田浩一さんは、「規制すべき差別はない」とした日本政府の見解について「現実を無視したもの」と批判。
「現場でいちばん沈黙を強いられているのは被害当事者。被害当事者だからこそ沈黙を余儀なくされている」と指摘した。

市民レベルでヘイトスピーチ反対運動を展開している辛淑玉さんによれば、「のりこえねっと」を立ち上げてからというもの、
メールなどによる嫌がらせが殺到しているという。「当事者として日本社会で声を上げるのは大変」と、安田さんの発言を裏付けた。

李春熙弁護士も、当事者たるマイノリティーが自ら被害の回復に立ち向かうことがいかに難しいかを説き、「被害の存在、現状から考えよう」と訴えた。

師岡康子さん(大阪経済法科大学客員研究員)は、「不特定多数へのヘイトスピーチがマイノリティーに死ぬほどの苦しみを与えている」と前置きし、
「まずこれを違法にしなければならない」と述べ、「包括的差別禁止法」の必要性を訴えた。(>>2-3へ続く)

(2013.12.11 民団新聞)
http://www.mindan.org/shinbun/news_view.php?page=25&category=2&newsid=18326

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386744914/
【有田ヨシフ議員は韓国の政治家なのか? 「2014年を差別撤廃の大きなうねりつくる年にしたい。包括的差別禁止法を議員立法として国会に提出する」】の続きを読む

このページのトップヘ