トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

自動車

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 21:15:28.47 ID:???
愛国心で耐えてきた堤防が空しく崩れている。
輸入車の市場占有率がいつのまにか15%台に肉迫した。
2012年に占有率10%を突破して以来わずか2年だ。

特に占有率拡大に加速度がついているというのが尋常でない。
過去には占有率5%から10%を達成するのに丸5年がかかった。
これにより、これまで国内消費者の「忠誠心」に寄り添ってきた韓国内完成車企業等の間で非常事態となった。

韓国輸入車協会は今年1月、乗用車部門の輸入車占有率が14.62%を記録したと18日、明らかにした。
韓国自動車産業協会が発表した韓国内完成車業者5社の内需市場販売量(8万6707台)と
韓国輸入車協会の販売量(1万4849台)を比較した結果だ。

ユン・テソン韓国輸入車協会専務は「協会会員社でないフェラーリとマセラティ、
そして外国から車を直接輸入して売る並行輸入業者の販売量まで合わせれば事実上15%を越えるだろう」と話した。

特に高級住宅地が集まるソウルの江南(カンナム)地域では、
国産車が押し寄せる輸入車に大通りから押し出される現象まで現れるほどだ。

ソウル江南区庁自動車登録チームのキム・エヨンチーム長は
「区庁に登録される新規車両が一日平均200台余りなのに、最近はこのうち170台ほどが輸入車」と明らかにした。
江南内輸入車量登録台数が国産車量を凌駕することやはり時間の問題だ。
江南区庁によれば現在まで江南区に登録された10万台余りの車両のうち4万台以上が輸入車だ。
国産車のすぐ側まで追いかけてきて逆転を目前としているわけだ。

輸入車ブームはドイツの自動車メーカーらが導いている。韓国内の消費者の特別なドイツ車嗜好心理に
これまで弱点とされてきた車両モデル不足問題を補完してアフターサービス(AS)も大幅に強化してのことだ。
今年1月に販売された車両1万4849台中、上位4社であるBMW(ミニ、ロールスロイス含む)と
メルセデス・ベンツ、フォルクスワーゲン(ベントレー含む)、アウディが販売した車両は合計1万1355台であった。
全体販売量の75%を越える数値だ。

反面、2007年まで国内市場占有率30%に達したトヨタ、ホンダなど日本業者の占有率は
今年1月初めて10%以下に落ちた。

韓国内の完成車企業等は特別な対応策を探せないまま、右往左往している。

現代・起亜車の場合、2000年代初期から「輸入車ブーム」の事態に備えようと戦略を立ててきたが、
的を誤ったのではないかという指摘が出ている。自動車業界関係者は
「現代起亜車がトヨタ、ホンダ、日産など日本車が集まると見て日本車のラインナップを緻密に分析する
「対抗作戦」にばかり総力を挙げた」と話した。
そうするうちにドイツ車に対しては虚を突かれたまま空しく市場を明け渡しているという分析だ。

特にドイツ業者が大きな利益を得たディーゼル車ではこれという対応モデルを出すこともできなかった。
ある国産車業界関係者は「今月に二番目に多く売れたフォルクスワーゲンのティグアンの場合、
国内企業等が「ライバル」として出すほどの製品ラインナップがない。このまま進んでは対応無策」
と打ち明けた。昨年ついに、現代・起亜車の内需市場占有率は初めて70%の下に落ちた。
(中略)
メルセデス・ベンツはドイツの自動車文化を韓国に移植している。ベンツはソウル市に
ベンツが128年前作った世界最初の自動車「パテント・ モトールヴァーゲン」を寄贈した。
国内業者が真似るのは難しいベンツの歴史を浮き彫りにするためだ。

BMWは合計700億ウォンを投資し、7月に仁川(インチョン)雲西洞(ウンソドン)(永宗島(ヨンジョンド))に
アジア初のドライビングセンターを開く。合計24万平方メートルの敷地に6種類の走行コースと文化展示空間、
ギャラリー、レストランなどが入る「BMWワールド」だ。

大徳(テドク)大のハン・ジャンヒョン(自動車学科)教授は「最近、輸入車は国内消費者に身近にアピールするための
多角度のマーケティング活動をする反面、国産車が品質問題で大きく苦戦し、ブランドイメージが大きく落ちた」とし、
「単純な製品販売だけでなくブランド文化向上を通じて『価値あるブランド』を作らなければならない」と話した。

http://japanese.joins.com/article/041/182041.html?servcode=800&sectcode=860
http://japanese.joins.com/article/042/182042.html?servcode=800&sectcode=860

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392898528/
【【韓国/自動車】「ドイツ車が人気、日本車は激減」江南区の新車80%は輸入車…愛国心通用せず国産車苦戦】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/18(火) 19:15:13.93 ID:???
【ソウル聯合ニュース】世界の自動車生産に占める
韓国の割合が減少していることが18日、分かった。

 韓国自動車産業協会が昨年の国別の自動車生産に関する資料を分析したところ、
韓国の自動車生産台数(海外生産分は現地国の生産台数に含む)は
前年比0.9%減の452万1000台で、9年連続世界5位を維持した。

 韓国の生産台数は2011年の465万7000台をピークに減少傾向にある。
世界生産台数に占める韓国の割合も2011年(5.8%)をピークに下落し、昨年は5.2%だった。

一方、昨年の世界生産台数は8738万台だった。
中国市場や米国市場での販売増加により前年比2.7%増加した。

昨年の世界首位は中国。同14.8%増の2211万7000台を生産し、初めて年間生産台数が2000万台を突破した。
世界生産台数に占める割合も25.3%で、5年連続トップとなった。
米国は景気回復による需要増加で、同6.9%増の1105万台を記録し、3年連続2位を維持した。
日本は円安政策にもかかわらず輸出が減少し、同3.1%減の963万台で3位。
ドイツは輸出増加に伴い同1.2%増の586万台で4位だった。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2014/02/18/0200000000AJP20140218002300882.HTML

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392718513/
【【自動車】韓国車頭打ちか 世界生産シェア・台数とも減少傾向】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: うしキムチφ ★ 2013/12/11(水) 16:35:16.32 ID:???
★自動車健康指数、ヒュンダイがトヨタを抜いてトップに浮上=米メディア

米自動車情報サイト、デトロイト・ビューローはこのほど、
同国の自動車診断ツールやソフトウェアメーカーCarMDが発表した自動車健康指数ランキングを公表した。
ここでは、年間メンテナンス費が最低だった韓国のヒュンダイが日本のトヨタを抜いてトップに浮上した。
また、品質や信頼性の向上が目立っている米ゼネラル・モーターズやクライスラーはトヨタの2位に続いて、3位、4位に並んだ。

トヨタはこれまで好性能や安定性、信頼性の高さでトップの座を守ってきたが、
新型プリウスの高額な修理費が足かせになったもようだ。
一方、2012年モデルの「カムリ」や2010年モデルのスポーツ多目的車(SUV)の修理費は
いずれも100米ドル(約1万300円)を下回ったという。

自動車健康指数は、故障件数や修理代などの重要な情報を消費者に提供するために作成されている。

株探ニュース http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201312110088

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386747316/
【アメリカでは自動車の年間メンテナンス費の安さ、ヒュンダイがトヨタを抜いて首位浮上 新型プリウスの高額な修理費が足かせに】の続きを読む

このページのトップヘ