トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

東南アジア諸国連合

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/18(火) 19:35:51.85 ID:???
中国政府・商務部の沈丹陽報道官は18日の定例記者会見で、
1月における中国大陸から香港や台湾などを含む海外への金融取り引きを除いた
直接投資が72億3000万ドル(約7409億円)だったと発表した。
対日投資は前年同月比で500%増だったと述べた。

沈報道官によると、中国大陸部の投資家は1月における合計で、
全世界の128の国と地域の企業865社に対して、
前年同月比47.2%増の72億3000万ドルの直接投資を行った。1月末までに、
中国からの金融取り引きを除いた直接投資は累計で5329億ドルに達した。

主な投資先は香港、東南アジア諸国連合(ASEAN)、欧州連合(EU)、オーストラリア、
米国、ロシア、日本で、1月における投資額は45億8000万ドルだった。

前記の7つの国と地域に対する投資額合計の全世界向け投資額に占める割合は63.3%で、
前年同月比では10ポイント低下した。

ただし、対日投資と対ロシア投資は大幅な増加をみせ、
それぞれ前年同月比500%、281.8%増だったという。

香港への投資は同53.3%増、米国へは14%増だった。
EUへの投資は37.8%減、ASEANへは32%減、オーストラリアへは24.2%減だった。

対日投資が激増したことについて沈報道官は、単月だけのデータでは分析が難しいとの見方を示し、
単月での投資額が激増した場合、たまたま大型の投資が1件あったか、
複数の大型投資が重なった場合も多いと述べた。(編集担当:如月隼人)

http://news.searchina.net/id/1524388

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392719751/
【【中国経済】対日投資(前年比500%増)と対露投資(前年比281%増)が激増】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 九段の社で待っててねφ ★ 2013/12/23(月) 19:34:29.17 ID:???
【平壌12月23日発朝鮮中央通信】日本が、国際舞台でわれわれの「核・ミサイル脅威」と「拉致問題」に引き続き執ように
言い掛かりをつけている。

日本の当局者は14日、東南アジア諸国連合(ASEAN)特別首脳会議で「北朝鮮の核・ミサイル開発は国際社会全体に
対する脅威」「拉致問題は国際社会において普遍的な問題」だとわれわれに食い下がる醜態を演じた。

地域での多面的な協力と発展を追求する会議で日本がさしでがましく他国に言い掛かりをつけてお粗末なを振る舞いを
しなければならなかったのはなぜか。

それは、日本がさらに本格化している軍国化と再侵略準備策動を合理化するための口実を設け、日本軍性奴隷犯罪の
ような特大型反人倫犯罪問題によって満身創痍になった自国のイメージを多少なりとも回復してみようとする愚かな小細工
に過ぎない。

「3つの安保の矢」と呼ばれる新「防衛計画大綱」と「中期防衛力整備計画」、そして初の国家安全保障戦略を一挙に採択
したのと同時に、対外的に誰それによる「脅威」を大げさにけん伝しているのは、一日も早く戦後体制から脱皮して
「大東亜共栄圏」の昔の夢を実現しようとする日本の衝動を示すものである。

実際に、日本は軍備拡張と憲法改正を進めながら右傾化と軍国化の道に猛疾走している。「自衛隊」を「国防軍」に改編し、
最新型軍事装備で武装させるなど、海外侵略のための制度的・法律的枠組みを築いている。

現在、日本の現政府が海外膨張に浮ついて軍国化策動に執着するのは国際社会の大きな反感を買っている。

しかし、日本は過去の侵略的罪科をきれいに清算する前にはアジア諸国の信頼を全く得られないばかりか、いわゆる
普遍的な問題についてけん伝する資格がないということを忘却しているようだ。

日本が「拉致問題」を取り上げるほど、むしろ日本自国のずる賢くて卑劣な正体を赤裸々に暴いただけである。

日本のメディアまでも「脅威論」をつくり上げるのが国民の不安な感情をあおり立て、これを契機に軍事力を強化し、
今後、「自衛隊が敵基地攻撃能力を持てる条件を整えようとする意図」だと明らかにした。
血なまぐさい過去を清算しない戦犯国であり、現在の軍国化策動によって国際社会の非難の対象となっている日本が
他国に言い掛かりをつけることでイメージを改善しようとするのは鉄面皮な行為である。

日本は、いかなる「脅威」についても論じる資格がない。

日本が望んでやまない通常国家としての国家的イメージは、徹底的に誠実な過去清算から始まらなければならない。---

http://www.kcna.kp/kcna.user.article.retrieveNewsViewInfoList.kcmsf

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387794869/

そもそも知るべきは、過去において韓国や北朝鮮と言った国家と戦争や侵略をした事はないですよね。アジア諸国の信頼と言うのも、中国、韓国、北朝鮮の立った3国のみがいつまでも騒いでいるだけの話ですし・・・

【血なまぐさい過去を清算しない戦犯国「日本」は自分を知るべきだ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/12(木) 20:44:16.48 ID:???0
★中韓を見放す日本の製造業 投資有望国ランクで凋落 反日&無法ぶりに嫌気

日本の製造業が中韓を見放しつつある。政府系の国際協力銀行(JBIC)が発表した今年の
「投資有望国ランキング」で、中国が初めて首位から4位に転落、韓国の凋落も止まらない。
中国の習近平政権と韓国の朴槿恵(パク・クネ)政権の反日姿勢も大きなリスク要因となるなか、
日本企業が「脱中韓」を進め、総じて親日的で成長余地も大きい東南アジア諸国連合(ASEAN)
にシフトする動きが鮮明になってきた。

JBICは毎年、海外事業に実績のある日本の製造業企業に対して、海外直接投資に関する
アンケートを実施しており、今回は625社が回答した。

それによると、「今後3年程度の中期的に投資先として有望」と考える国や地域(複数回答)について、
インドネシアと回答した企業が219社にのぼり、前回の3位から初めて首位に浮上した。
現地市場の成長性や安価な労働力が評価されたという。タイやミャンマー、フィリピンも順位を
上げるなどASEAN加盟10カ国のうち、ブルネイを除く9カ国が20位以内に入る躍進ぶりだった。

これに対し、1989年の調査開始以来、有望な投資先として首位を維持してきた中国が、今回は
タイやインドにも抜かれ、4位に転落した。「中国が有望」と答えた企業数は、昨年度調査の319社
から183社に大きく減少。前回調査で「中国を有望」とした企業のうち、今回調査も引き続き有望国
とした企業はほぼ半減するなど、日本企業の中国への失望ぶりが浮き彫りとなった。(以下略)

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131212/frn1312121810008-n1.htm

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386848656/
【中韓を見放す日本の製造業 投資有望国ランクで凋落 反日&無法ぶりに嫌気】の続きを読む

このページのトップヘ