トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

朴槿恵

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 蚯蚓φ ★ 2014/02/17(月) 23:00:53.23 ID:???
一人の人生を生老病死と要約しようと、喜怒哀楽と表現しようと、「誕生の瞬間」を軽く考えること
はできない。誕生の瞬間はすべての人生を説明する出発点であり、存在の証拠だ。住民登録番号
が一回性と固有性を持つのは誕生の瞬間の情報を込めたからだ。国家の誕生はどうか。「国家の
主権は始原性を特徴とするため、突然、私たちの目の前に現れたものと定義される。国家主権自
体が世の中の開始といえる。国家は死亡することになれば後継者が出てくることができない非常に
孤独な奴だ」(憲法学者チョ・ムンスク)。現代人が国籍がある人間として生きていく限り避けられな
い国家の運命性を、ユーモアでよく表現したと思う。

ところが私たち大韓民国の憲法の前文に国家の誕生場面が消えたのを知っているだろうか。前
文は後に続く130個の憲法条項に生命を吹き込む最初の精神だ。この最初の精神から国家誕生
場面が消えたのは残念でならない。

現在、私たちが使う1987年の憲法の前文はこのように始まる。「悠久な歴史と伝統に輝く我々大
韓国民は3・1運動で成立した大韓民国臨時政府の法統と、不義に抗拒した4・19民主理念を継
承し…」。「大韓民国臨時政府」はあるが「大韓民国正式政府」という言葉はない。法の正統と継承
を述べながら建国精神は抜けたのだ。人の人生に例えれば、大韓民国臨時政府は妊娠、正式政
府は誕生、4・19の民主理念は成長に該当するといえるだろう。妊娠と成長はあるが誕生が抜けた
憲法の前文、いったいなぜこのようなことが起きたのだろうか。

国家の誕生、すなわち大韓民国の建国性は5・16クーデターで憲法が全面改正されて消えた。
62年に第5次改正された憲法の前文は次の通りだ。「…大韓国民は3・1運動の崇高な独立精神
を継承し、4・19義挙と5・16革命の理念に立脚し、新しい民主共和国を建設するにあたり…」。3・
1運動、4・19義挙、5・16革命を順に羅列しながら、1948年の建国精神をさらっとなくしたのだ。こ
の時になくなった建国性はその後、6次、7次、8次を経て、87年の9次改正憲法にいたるまで回復
しなかった。誰も関心を持たなかったためだろう。建国性などはどうでもよいという感じだったようだ。

7次維新憲法時は「祖国の平和的統一の歴史的使命」という句節が挿入され、全斗煥(チョン・ド
ゥファン)大統領執権過程で作られた8次改正憲法には「第5民主共和国」が明示された。維新独
裁の名分を得るための祖国統一やクーデター的事件で執権した新軍部政権の正統性コンプレック
スが改憲勢力の関心事だったのだ。

建国性に関心がないのは現行の9次改正憲法も同じだ。以前まで「3・1運動の崇高な精神」と表
現された抗日独立性に「大韓民国臨時政府の法統」という句節が追加された。87年6月抗争を支
配した民族・民主・民衆運動の熱気のためだ。87年憲法で独立性(民族性)と民主性は強化され
た。しかし建国性は無惨な状況から抜け出せなかった。ここまでが韓国憲法で建国性が孤独死し
た過程だ。

私は韓国という国の国格が4つの柱で成り立つと考える。日帝からの独立性、主権国の誕生とし
ての建国性、輝く自由の歴史である民主性、現代国家の基盤を固めた産業性--。この4つのう
ち産業性は歴史の評価をもう少し待たなければならないとしても、1948年から存在しながらもいつ
の間にか孤独死した建国精神だけは憲法の前文に再び生かすべきではないだろうかと思う。

いま国会には国会議長の直属で改憲諮問委員会が稼働した。姜昌熙(カン・チャンヒ)議長の改
憲意志は朴槿恵(パク・クネ)大統領が抵抗感を表出して薄れた。そうであっても統一を準備しなけ
ればならないように改憲を準備しないわけにはいかない。改憲を議論する時、国家誕生の瞬間、建
国性を主要議題にすることを望む。

チョン・ヨンギ論説委員

ソース:中央日報日本語版<【コラム】憲法で孤独死した大韓民国の建国性>
http://japanese.joins.com/article/897/181897.html

【【韓国】 憲法で孤独死した大韓民国の建国性~誰も関心が無かったのだろう/中央日報コラム】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 壊龍φ ★ 2014/02/18(火) 06:44:14.79 ID:???
 武貞秀士拓殖大客員教授と、古田博司筑波大教授が17日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、
対日批判を強めている韓国の朴槿恵(パククネ)政権について分析した。

 武貞氏は、25日で就任1年を迎える朴大統領について「国家戦略として、日本バッシングをしている」と
述べた。古田氏も「国内への強権的な体質を国外にも向けている」と分析した。

 対北朝鮮政策については、武貞氏が「中国と米国のサポートを確保すればうまくいくと計算しており、日本は
視野にない」と指摘。日韓関係については「(歴史問題などとは異なり)行政的な手続きは粛々と進めることが
できる」として、安全保障に関する情報交換を可能にする協定の締結を進めるべきだとした。


YOMIURI ONLINE: 2014年2月17日23時47分
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20140217-OYT1T01593.htm?from=ylist

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392673454/
【【日韓】朴大統領、国家戦略として日本たたき…武貞氏】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ニライカナイφ ★ 2014/01/28(火) 08:37:13.81 ID:???
◆中国で安重根記念館開館 今後は慰安婦証言の世界遺産化狙う

朴槿恵(パク・クネ)大統領の“大暴走”で、韓国の反日外交は新たなステージに入ったようだ。

この1月19日、中国黒竜江省のハルビン駅で、ある式典が行なわれた。
およそ100年前、初代韓国統監だった伊藤博文は、この駅構内で銃撃を受けて殺害されたが、
その暗殺の現場に、実行犯である安重根を讃えた「安重根義士記念館」が開館したのだ。

中国ウォッチャーの評論家、宮崎正弘氏はいう。
「中国では、安重根はまったく知られていません。
その人物の記念館がなぜできたのかというと、習近平国家主席にとっても
反日が大きなテーマだからです。
朴槿恵大統領が昨年6月に訪中した際、習近平国家主席に石碑の建立を要請し、
これに中国側が便乗して実現したもので、中国の反日と韓国の反日が手を結んだ
結果であり、韓国の反日を中国がバックアップするという意思の表われといえます」

朴槿恵氏は大統領就任以来、急速に中国との距離を縮める一方で、
激しい反日政策を繰り広げている。
しかも韓国の反日攻勢は「中韓連合による国際宣伝」にシフトしつつあるのだ。

韓国政府がいま狙っているのは、慰安婦証言の世界遺産化だ。
韓国の女性家族省は1月15日、元慰安婦らの証言資料などを
ユネスコの世界記憶遺産に登録するための作業を進めていると発表。
「中国や東南アジア諸国と連携していく」とぶちあげた。

元慰安婦の証言については虚偽が多いことが明らかになっており、
強制連行の確たる証拠はいまだ見つかっていない。
にもかかわらず、国内での反日宣伝だけに飽き足らず、いわゆる“従軍慰安婦”という
虚構を海外に向けて発信して既成事実化をはかり、日本を追い詰めようとしているのだ。

週刊ポスト 2014年2月7日号
http://www.news-postseven.com/archives/20140127_238431.html

【【韓国】慰安婦証言「世界遺産」化へ…朴槿恵の“大暴走”新たなステージに入る[01/28]】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: そーきそばφ ★ 2014/01/06(月) 15:57:46.18 ID:???
朴槿恵(パク・クネ)大統領は6日午前10時、青瓦台(チョンワデ、大統領府)春秋館で就任後初めてとなる記者会見を開き、
「韓半島(朝鮮半島)統一は韓国経済が大飛躍できる機会」と述べた。

朴大統領は「国民の中には、統一費用があまりにも多くかかるのではないか、統一をする必要があるのか、
などと話す人たちがいる」と述べた後、「来年は分断から70年となる。
大韓民国が世界的に一段階さらに飛躍するためには、韓半島統一時代を開かなければいけない」と強調した。

朴大統領は「今年も北に対する人道的支援を強化し、民間交流も拡大する」とし
「今回のソル(旧正月)を迎えて離散家族が対面し、心の傷を治癒することを願う」と述べ、
北朝鮮側に離散家族再会を公式的に提案した。
また「北が離散家族再会の最初の手続きをうまく進め、
南北関係の新たな契機になればいい」とし「北が非核化に誠意を見せれば、実質的な平和が可能だ」と述べた。

中央日報日本語版 1月6日(月)15時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000032-cnippou-kr

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388991466/

すっごい南北格差が出来そうw

【朴大統領「南北統一は韓国経済が大飛躍できる機会だ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/27(金) 00:07:51.33 ID:???
この1年で、日本の何が最も大きく変わっただろうか-。
人によってさまざまな見方があるのは当然だが、私は「対韓認識・対韓世論」を挙げたい。
なぜなら、これは日本国内の「理念戦争」(国民×市民)の帰趨(きすう)に直結することだからだ。

2012年8月、当時の李明博(イ・ミョンバク)大統領による「竹島不法上陸」と、
それに続く「天皇陛下への謝罪要求」で、日本の「対韓認識・対韓世論」は大きく変わった。
そして、13年2月に就任した朴槿恵(パク・クネ)大統領の「反日全開」スタイルは、その「方向」を定着させた。

もちろん、韓国には韓国なりの言い分があろう。例えば「安倍晋三政権が次から次に挑発したからだ」といった主張だ。
これは話すほどに水掛け論になっていく。しかし、日本側から見れば明らかなことがある。
韓国が語る対日非難は、「検証できる史料」に基づいていないことだ。

無理もない。李承晩(イ・スンマン)初代大統領が政権を握ってから65年の長きにわたり、
韓国は「反日教育」一筋できたのだから。

65年前に小学校に入った人は、いま72歳。韓国の72歳以下の人口比率は9割をゆうに超すだろう。
残り1割弱の高齢者は何の社会的発言力もない。
「日本統治時代は良かった」と言ったら殴り殺され、犯人が英雄視されるのだ。
61歳の朴氏も、そうした反日教育の中で育った典型的な韓国人の代表だ。

父親の朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領は職業軍人であり、
大統領になってからも北朝鮮による大統領府襲撃事件があったり、国内政局の極限対立が続いた。
父が娘に「わが思想-その背景」といった話を聞かせるような時間などなかったのだろう。

正煕氏は「わが民族は退嬰(たいえい=新しい物事を積極的に受け入れていくような意気込みがないこと)と
粗雑と沈滞の連鎖史であった」と述べている(日本では『朴正煕全集』)。
が、娘が語るのは「栄光ある歴史、それを破壊した日帝」ばかりだ。槿恵氏は父親の著作も読んでいないのだろう。

「慰安婦のおばあさんたちは、花のような青春を踏みにじられ…」

朴氏が語るところは、劇画的ファンタジーに彩(いろど)られた反日歴史教育の枠を抜け出せない。
「もしかしたら、あちらの言い分が…」と考えることもできない「反知性の檻(おり)」の中にいるのだ。
いや、韓国人のほとんどが。

朴氏は「加害者と被害者の立場は1000年経っても変わらない」と、
世界の対隣国関係史に残るような「1000年恨み節」で対日デビューを飾った。
その後は、米国、中国、G20、英国・欧州と、外国を訪問するたびに、
まさに国技たる「告げ口外交」に終始したが、中国以外では不評だった。

朴韓国にとって、13年の対日決算は全面安だ。
「嘘つき国家・嘘つき国民」という日本の対韓評価は、これから「1000年」たっても変わらないかもしれない。

■室谷克実(むろたに・かつみ) 1949年、東京都生まれ。慶応大学法学部卒。
時事通信入社、政治部記者、ソウル特派員、「時事解説」編集長、外交知識普及会常務理事などを経て、評論活動に。
主な著書に「韓国人の経済学」(ダイヤモンド社)、「日韓がタブーにする半島の歴史」(新潮新書)、「悪韓論」(同)などがある。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131226/frn1312260723000-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131226/frn1312260723000-n2.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388070471/

嘘つきなんだか、現実逃避なんだかよく分からないですね。

【【新・悪韓論】日本の対韓国評価 嘘つき国家、嘘つき国民は1000年たっても変わらない】の続きを読む

このページのトップヘ