トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

日中関係改善

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/27(月) 10:34:37.53 ID:???
インドを訪問した安倍晋三首相は、シン首相との会談で、
米国とインドによる海上合同演習に自衛隊が参加することで合意した。
ニューデリーの地下鉄整備などに2千億円の円借款を供与することも表明した。

 会談後は、これら安全保障や経済協力を盛り込んだ共同声明に両首脳が署名した。
力を増すアジアの大国インドとの関係を深めることに異論はないが、課題も多い。

 安倍政権が発足して1年余りで、シン首相との会談は4回目になる。
異例ともいえる「インド重視」は、近隣の中国や韓国との冷え込んだ関係を一層際立たせてもいる。
安全保障での連携強化には、日本側が「中国包囲」の狙いを秘めているのは明らかだ。

 共同声明には自衛隊の演習参加のほか、中国の海上進出を念頭にした航行の自由確保、
国家安全保障会議の局長級の定期協議なども盛り込んだ。
北部で中国との国境問題を抱えるインドにもメリットはある。一方で、中印は経済関係を強めており、
日本の思惑とのずれもあるようだ。

 安倍政権はこのところ、ロシアやフランスとの外務・防衛閣僚協議(2プラス2)で
自衛隊と各国軍との共同訓練などを決め、
東南アジア諸国連合(ASEAN)には防衛相会合を呼びかけている。
だが、いずれの国々も正面から中国と対抗するのには慎重だ。

 けん制一辺倒の対中姿勢が、逆に日本の孤立を招くような事態は避けねばならない。
中国との関係改善を探る努力は欠かせない。

 共同声明では、日印原子力協定の締結が見送られた。早期妥結を目指し、交渉を続けるという。
 インドは原発建設に向け、日本に技術や資金提供などを求めている。
だが、インドは核兵器を保有しながら、核拡散防止条約(NPT)に加盟していない。
原子力協定が軍事転用など核拡散につながる可能性がある以上、日本は踏み出すべきではない。
福島第1原発事故の収束が見通せない中、原発ビジネスを展開しようとする姿勢自体が、疑問と言わざるを得ない。

 著しい経済成長を遂げたインドは、貧富の格差拡大や環境悪化などのひずみにも苦しんでいる。
成長にかげりも見えてきた。

先行して高度経済成長から低成長に入った日本が、
環境保全や社会保障分野などで伝えられる知恵や技術は多いはずだ。
 日本からインドへの進出企業は千社を超え、この約5年で倍増した。
軍事の思惑やカネもうけだけではない深化した日印関係へ、官民の幅広い連携を考えたい。[京都新聞 2014年01月27日掲載]

http://www.kyoto-np.co.jp/info/syasetsu/20140127_3.html

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390786477/
【【京都新聞/社説】日印共同声明など中国けん制の安倍政権、日本の孤立を招きかねぬ。日中関係改善の努力を】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/12(木) 19:41:41.75 ID:???
東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国の首脳を東京に招き、
13日から日ASEAN特別首脳会議が開かれる。
日本とASEANの交流開始40周年を記念するもので、2003年以来10年ぶり2回目の開催となる。

本来なら「40周年」にあたって、共に利益を享受する関係をうたい上げるところだろうが、
日本側の思惑はもっときな臭い。沖縄県・尖閣諸島や防空識別圏設定で中国との対立が深まる中、
この機会にASEAN諸国を対中包囲網に取り込もうという姿勢が露骨だ。

日本側は首脳会議で発表する予定の共同宣言に、
防空識別圏に対する“共通の懸念”を盛り込むことをASEAN側に打診。
直接的言及を避けようとするASEAN側とのせめぎ合いが首脳会議直前まで続いている。

安倍晋三首相は11月にカンボジア、ラオスを訪問、両国首脳と会談した。
首相のラオス訪問は多国間国際会議を除けば、故小渕恵三元首相以来13年ぶりだ。
就任1年足らずの間に加盟全10カ国を訪れたことになり、ASEAN重視の姿勢をアピールした。

確かに安倍首相が言うように、豊富な資源と労働力を有し、
中産階級の増加で市場が拡大しつつある東南アジアは「日本経済再生」には欠かせないパートナーだ。

さらに日本の食料自給率はカロリーベースで40%を下回っている。
今後起こり得る食料危機への対応を考えた場合、海外からの食料輸入に依存せざるを得ない日本にとって、
頼りになる地域・国はどこだろう。米国、欧州、中国ではなく、ASEAN諸国ではないだろうか。
そのためには、ASEAN諸国との関係をこれまで以上に深め、
どのような状況下でも食料を輸出してくれるような信頼を構築しておかなくてはならない。

しかし、安倍政権の対ASEAN外交は「連携強化」を言いつつも、
中国の脅威をあおって包囲網を形成するのが最優先のようにみえる。当然、中国はこれに反発する。
ますます、ASEAN諸国への援助や投資を増大し、存在感を強めるよう動くことになる。

既にカンボジア、ラオスの幹線道路網の整備や、ミャンマーの首都ネピドーの建設は
中国の援助、投資なしには立ちいかない状況だ。
ASEANの中でも経済発展の立ち遅れた国々の中国傾斜は顕著だ。

カンボジアのフン・セン首相は日ASEAN首脳会議を前にした3日、
共同通信などとの会見で日本と中国の対立に強い懸念を表明、双方に「最大限の自制」を求めた。

日本も中国もASEAN諸国にとっては、投資、貿易、援助、さまざまな面で重要なパートナーだ。
途上国から中進国にさらに高位中進国への発展を続けるためには、
中国の経済力、日本の技術力が不可欠だ。どちらかを名指しで批判することは避けなければならないというのが本音だ。
「双方に自制」を求めたフン・セン首相の言葉が日本と中国のバランス外交に腐心するASEANの総意なのだろう。

日本は“ASEANの友人”を自任してきた。だが中国憎しのあまり、
その友人たちを自陣営に取り込むことだけに執着すればASEANの日本離れをも招きかねない。
まず、自ら中国との関係改善の道を模索すべきだろう。

http://www.gifu-np.co.jp/column/syasetsu/sya20131212.shtml

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386844901/
【岐阜新聞の社説中国憎しの包囲網作りより自ら日中関係改善に動け。中国の機関紙?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/11(水) 22:32:25.99 ID:???
中国人民大学国際関係学院の金燦栄副院長はこのほど、
「日本の安倍晋三首相の任期中に中国と日本との関係が改善する可能性は大きくない」
との見方を示した。緊張した状況は少なくとも1年半は続くとみている。南方日報が9日伝えた。

南方報業伝媒集団のシンクタンク「南方防務智庫」の発足を記念して先週開かれた
防衛問題関連のフォーラムに専門家らが集まり、世界の情勢についてそれぞれの見方を示した。

金副院長は「政治家で金持ちの家に育った安倍首相は自分に自信を持っており、
戦後生まれのため戦争がもたらしうる危険について責任を感じていない」と指摘した。

安倍首相は現在、支持率が高くアベノミクスも一定の成果を上げているように見える。
しかし金副院長は「経済学者の多くはアベノミクスの先行きが明るいとは思っていない」と説明。
内需主導型の経済への転換はなかなか成功せず、アベノミクスの弱点が目立つようになれば、
次の選挙では票が離れる可能性もある、と話した。 (編集翻訳 恩田有紀)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131209-00000023-xinhua-cn

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386768745/
【中国専門家「安倍首相の任期中は中日関係改善は難しい」ってか、中国はなぜ改善しようと努力しない?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/11(水) 21:45:20.40 ID:???
中国外務省の洪磊報道官は11日、定例記者会見で、
「中国は日本の安全保障戦略と関連政策の動向を注視している。
日本がアジアの隣国の安全保障を重視し、平和発展の道を歩むよう促す」と述べました。

日本の安倍晋三首相が設けた有識者会議で、
政府が策定する「国家安全保障戦略」と「新防衛大綱」の概要がまとまりました。
中では、海域、空域での活動を拡張する中国に対し、
日本は冷静に対応し、釣魚島問題に関して日本の南西部で軍事力を強めていくとしています。

これに対し、洪報道官は「中国は日本の関連政策と動向を注視している。
日本は、中国の空域と海域における正常な活動について言いがかりをつけ、中国脅威論を掲げ、
明かせない政治目的がある。中国は、日本がアジアの隣国の安全保障を重視し、
時代の潮流に適した平和発展の道を歩み、中日関係の改善や地域の平和と安定に相応する努力を払うよう促す」と話しました。

洪報道官は「中国は平和発展の道を堅持し、防御的な国防政策を実施する。
中国が正常で正当な国防能力を発展させることは、他の国に脅威を与えることはない。
中国は一貫して対話を通して領土、海洋に関する紛争を協議することを主張し、尽力している。
同時に、いかなる国でも中国の領土主権を侵犯することを決して許さない」と述べました。(劉叡、山下)

http://japanese.cri.cn/881/2013/12/11/201s215661.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386765920/

【やはり中国に鏡が必要?「日本は言いがかりを付けず日中関係改善と地域平和に努力せよ。中国は他国に脅威を与えぬ平和発展を堅持」】の続きを読む

このページのトップヘ