トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

愛国心

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ニライカナイφ ★ 2014/02/20(木) 12:59:56.46 ID:???
◆本当のことを言おう、中国人は愛国心さえも日本人にはかなわない―中国メディア

2014年2月19日、中国のネット掲示板・天涯社区にこのほど、
「中国大陸人を気恥ずかしくさせる国、日本」と題した記事が掲載された。
以下はその概要。

80年代に日本に留学した。生活費を捻出するために、いろいろなアルバイトをしたが、
そこで貴重な経験をした。

従業員を数百人抱える大手空調メンテナンス会社の深夜のバイトをした時のこと。
我々中国人留学生や若い人に混じって、60過ぎの男性が働いていた。
後で彼がその会社の社長さんだと教えられた時には、本当に信じられなかった。
大切な仕事だから、社長自ら現場で働くのだという。中国なら絶対にありえないことだ。

中国は浪費大国だ。節約という観点から見れば、中国は日本の足元にも及ばない。
GDP(国内総生産)は日本を抜いたというが中国は1億4800万人の貧困人口を抱えている。
それなのにメンツにこだわる中国人は、外食をする際に料理を残すほど注文し、
役人は公金を使ってぜいたくざんまいだ。

日本の小学生は学校給食で、「残さず食べる」ことを身に付ける。
物を大事にすることや、資源を大切に使うことを子どもころから教えられた日本人は、
エコの分野で世界をリードしている。
燃費のいい日本車が米国車に勝ったのがいい例だ。
日本人にとって節約は美徳であり、倹約は知恵だ。

日本人は地震が起きても日本の高層ビルは壊れないと信じている。
中国人は「中国の高層ビルは壊れない」と自信を持って言えるか?
東日本大震災のとき、日本人は冷静だった。
それは日本人が国を、そして自国民を信じているからだ。
中国の建築物は手抜き工事ばかりで、地震もないのに次々と崩壊している。
これで大震災が起きたらどうなることか。

ある中国人専門家が「中華民族の偉大なる復興は62.74%達成した」と宣言した。
このあまりにも抽象的な数字を一体誰が信じるだろうか。
中国の建物や食品が安全で、電化製品が日本よりも高品質で安価で、
玩具もアニメも社会保障も日本より優れているというなら、話は別だが。

日本の小学生の「将来の夢」で最も多いのは、
男の子が「スポーツ選手」、女の子が「ケーキ屋さん」だ。
中国の小学1年生に同じ質問をしたところ、ある子どもは「官僚」と答えた。
「どんな官僚?」と聞くと、「汚職官僚!だって、いっぱい物をもらえるから」と
大真面目に答えた。純粋で無邪気であるはずの子どもでさえこうも違うのだ。

日本人は真の愛国者だ。国家や家族、自然を愛し、守ろうとする。
団結し、助け合う精神がそこにある。そして国家の尊厳を大事にする。
サッカーのワールドカップで日本人サポーターが見せたマナーの素晴らしさ、
東日本大震災で見せた日本人の秩序ある行動は世界中の称賛を浴びた。
国家の尊厳を維持する、これこそが真の愛国意識ではないだろうか。

写真:19日、中国のネット掲示板・天涯社区にこのほど「中国人を気恥ずかしくさせる国、
日本」と題した記事が掲載された。
no title


Record China 2014年2月19日12時21分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83623&type=

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392868796/
【【レコチャ】中国の小学1年生、将来の夢は「汚職官僚!いっぱい物をもらえるから」…中国人は愛国心さえも日本人にはかなわない】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★ 2013/12/13(金) 10:13:00.35 ID:???0 BE:2291739179-PLT(12069)
★中日春秋

 英国人の看護師イーディス・キャベルが銃殺されたのは、第一次世界大戦のさなか、一九一五年の十月だった。
ドイツ占領下のベルギーで、彼女は敵味方分け隔てなく献身的に手当てをした

▼傷ついた英仏の兵士をかくまい、中立国に逃れるのを助けた。ドイツ軍は彼女を捕らえ、軍法会議で死刑を言い渡した。
キャベルは処刑の前夜、自分が祖国のために喜んで命を捧(ささ)げることを、親しい人たちに伝えてほしいと、静かな口調で牧師に語った

▼そして続けた。「けれど、私は申し上げたいのです…愛国心だけでは不十分なのだと、つくづく分かりました。誰に対しても、憎しみも恨みも持ってはいけないのです」

▼自分が育った土地と人々に絆を感じ、守ろうとするのは、自然な感情だろう。
しかし、その心に他の国や民族への憎しみや恨みが交じった時、政治がそれを巧みに利用する時、愛国心が危険な力を放つことは、歴史が教えてくれる

▼国民の知る権利を損なう特定秘密保護法を成立させたと思ったら、今度は外交・防衛の基本指針・国家安全保障戦略に「愛国心」を盛り込むという。
国の大事は知らなくてもいいと言いながら、国を愛せと言う。随分と、政府に都合のいい国民をご所望のようだ

▼政府が「愛国心」と言う時は、よくよく吟味した方がいい。実は「政府を愛する心」を求めているだけかもしれない。

中日新聞 2013年12月13日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2013121302000101.html

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386897180/
【中日新聞が中国や韓国に「他の国や民族への憎しみや恨みが交じった時…愛国心が危険な力を放つことは、歴史が教えてくれる」と解くwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★ 2013/12/12(木) 12:46:39.06 ID:???0 BE:582029928-PLT(12069)
★社説:国家安保戦略 なぜ書き込む「愛国心」

安倍内閣が来週決定する国家安全保障戦略に「愛国心」を盛り込む方針だという。なぜ心の問題にまで踏み込む必要があるのか、理解に苦しむ。
「戦争できる国」への序章なら、容認できない。

十七日に閣議決定予定の国家安保戦略は、外交・防衛の中長期的な基本方針となるもので、初めて策定される。
安倍晋三首相はきのうの有識者懇談会で国家安保戦略を新しい防衛大綱と合わせて「今後のわが国の安全保障のありようを決定する歴史的な文書になる」と胸を張った。

中国の軍事的台頭と北朝鮮の核・ミサイル開発などにより、アジア・太平洋の地域情勢が不安定化していることは否定できない。

「国家」と銘打つ仰々しさは別にして、国民の生命と財産を守る責任を有する日本政府として、どう地域の安定を維持し、世界の平和に貢献するのか、
情勢を的確に分析し、適切に備えるための文書をまとめる意義は認める。

しかし、文書になぜ「愛国心」まで書き込む必要があるのか。最終的な文言は調整中だが、
安全保障を支える国内の社会的基盤を強化するために「国を愛する心を育む」ことが必要だという。

生まれ育った国や故郷を嫌う人がいるのだろうか。心の問題に踏み込み、もし政策として愛国的であることを強制するのなら、恐ろしさを感じざるを得ない。

そもそも、周辺国の愛国教育に懸念を持ちながら、自らも愛国教育を進めるのは矛盾ではないか。
ナショナリズムをあおり、地域の不安定化に拍車をかけてしまわないか、慎重さも必要だろう。

同戦略は平和国家、専守防衛、非軍事大国、非核三原則などの基本方針を「堅持」するといいながら、日米同盟を強化し、
日本の軍事的貢献を拡大する方向性も鮮明にした。武器輸出三原則の見直し検討も盛り込まれる見通しだ。(>>2-3へ続く)

中日新聞 2013年12月12日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013121202000103.html

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386819999/

【中日新聞が国を愛する心を否定。愛国心=戦争と結び付け、国を愛する事を容認できないらしい。「国家安保戦略に『愛国心』。理解に苦しむ。容認できない。】の続きを読む

このページのトップヘ