トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

安全保障

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/13(金) 09:13:23.20 ID:???
政府が、近く閣議決定する新防衛大綱について、
これまであった「節度ある防衛力」との記述を削除する方針を固めた。

 同時に決める新たな中期防衛力整備計画(中期防)では、防衛予算を増やすことにしている。
抑制的だった安全保障政策を転じようという安倍晋三政権の姿勢がいよいよ鮮明だ。
なし崩しに自衛隊の装備増強が進められることへの危惧が募る。

 大綱は、長期的な防衛力整備の指針になる。策定するのは今度で5回目だ。
2回目の95年以降、基本方針として
▽専守防衛▽軍事大国にならない▽非核三原則▽文民統制の確保―の4本柱を守りつつ
「節度ある防衛力を整備する」との表現を維持してきた。

 新大綱でも4本柱は残すものの「実効性の高い統合的な防衛力を効率的に整備」
するとの記述に改める方針だ。防衛力の「質と量を必要かつ十分に確保する」とも記す。
曖昧な表現だけに、歯止めがなくなる恐れがある。

 既に「節度ある」とはいえないのが現実ではある。
ストックホルム国際平和研究所による2012年の軍事費の比較で、日本は世界5位だ。
独立国として必要最小限の防衛力にとどめる「基盤的防衛力」の考え方が
10年の民主党政権による大綱で消えてもいる。

 それでも、「節度」という言葉がなくなった場合、周辺国に与える影響は大きいはずだ。
軍事大国化を疑わせたりするようだと、アジアの緊張がさらに高まる。
節度なき増強が招くマイナス面に目を向けるべきだ。

 14年度から5年間の中期防では警戒監視体制や離島防衛の強化などを打ち出す。
沖縄県・尖閣諸島をめぐる中国との対立や北朝鮮の核・ミサイル開発といった脅威を強調し、
装備を拡充しようという狙いだろう。

 国内の問題としても見過ごせないのは、垂直離着陸ができる航空機の導入を盛ることだ。
米軍のオスプレイを想定しているのは間違いない。安全性に対する国民の不安を拭わないまま既定路線にするのはおかしい。

 防衛予算は、01年度からの中期防の総額25兆1600億円を最高に過去2期は減少していた。
 国の財政が苦しいときだ。消費税率の引き上げをはじめ、国民の負担は重くなっていく。
その一方で防衛費を増やすというなら、使い道が厳しく問われる。本当に必要な装備なのか、
安全保障に資するのか、政府は分かりやすく説明する責任がある。

http://www.shinmai.co.jp/news/20131213/KT131212ETI090007000.php

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386893603/
【中・韓・北の軍拡はOK。信濃毎日新聞の社説。新防衛大綱、アジア周辺諸国に不安広げると。信濃毎日は有事の際日本を防衛してくれるのだろうか?】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: そーきそばΦ ★ 2013/12/12(木) 13:28:45.42 ID:???0
戦前の新聞はかつてこのようにして国民感情をあおり立て、戦争へと突き進ませたのではないか-。
安全保障に関する秘密を漏らした公務員らの罰則を強化した特定秘密保護法に反対する
一部メディアの異様な報道ぶりに、そんな不気味さと息苦しさを感じている。

 「朝日新聞は戦前はあれだけ戦争をけしかけ、戦後はサンフランシスコ講和条約、日米安全保障条約、
自衛隊の海外派遣に反対した。日本は戦後、全部朝日の考えと反対をやってうまくいってきた。
これだけ反対されると、逆に政府は正しいと確信が持てる」

 外務省幹部は皮肉混じりにこう指摘し、一連の報道のあり方に「異常で理不尽だ」と憤る。
特定秘密保護法の成立によって変わることといえば、「米国相手にぎりぎりと交渉する際などに、
軍事情報や衛星写真を少しもらいやすくなる」ことぐらいなのだという。

 実際、同法に相当する法律は米、英、独、仏…と主要各国にあり、日本が突出しているわけではない。

 「秘密が際限なく広がる、知る権利が奪われる、通常の生活が脅かされるといったことは断じてない」

安倍晋三首相はこう強調し、担当の森雅子消費者担当相も「一般の人が特定秘密と知らずに情報に接したり、
内容を知ろうとしたりしても処罰の対象にはならない」と明言している。

 つまり、スパイか工作員かテロリストでなければ、この法律は日常生活にも表現活動にも影響しない。
にもかかわらず、成立翌日の7日の各紙社説は、まるで開戦前夜のようにおどろおどろしく書いたのだった。

ソース 産経新聞 【阿比留瑠比の極言御免】 メディアの煽りと恣意性-慰安婦報告書非開示にはなぜ沈黙するのか
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131212/plc13121211140006-n3.htm
(続)

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386822525/
【産経が秘密保護法であれだけ異常な報道したのに、慰安婦資料開示については沈黙するメディア だから国民から信用されない】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/11(水) 21:45:20.40 ID:???
中国外務省の洪磊報道官は11日、定例記者会見で、
「中国は日本の安全保障戦略と関連政策の動向を注視している。
日本がアジアの隣国の安全保障を重視し、平和発展の道を歩むよう促す」と述べました。

日本の安倍晋三首相が設けた有識者会議で、
政府が策定する「国家安全保障戦略」と「新防衛大綱」の概要がまとまりました。
中では、海域、空域での活動を拡張する中国に対し、
日本は冷静に対応し、釣魚島問題に関して日本の南西部で軍事力を強めていくとしています。

これに対し、洪報道官は「中国は日本の関連政策と動向を注視している。
日本は、中国の空域と海域における正常な活動について言いがかりをつけ、中国脅威論を掲げ、
明かせない政治目的がある。中国は、日本がアジアの隣国の安全保障を重視し、
時代の潮流に適した平和発展の道を歩み、中日関係の改善や地域の平和と安定に相応する努力を払うよう促す」と話しました。

洪報道官は「中国は平和発展の道を堅持し、防御的な国防政策を実施する。
中国が正常で正当な国防能力を発展させることは、他の国に脅威を与えることはない。
中国は一貫して対話を通して領土、海洋に関する紛争を協議することを主張し、尽力している。
同時に、いかなる国でも中国の領土主権を侵犯することを決して許さない」と述べました。(劉叡、山下)

http://japanese.cri.cn/881/2013/12/11/201s215661.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386765920/

【やはり中国に鏡が必要?「日本は言いがかりを付けず日中関係改善と地域平和に努力せよ。中国は他国に脅威を与えぬ平和発展を堅持」】の続きを読む

このページのトップヘ