トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

在日韓国人

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 18:51:58.63 ID:???
名張署は2月19日、名張市東町の会社員で韓国籍の髙石こと髙崇絋容疑者(29)を、
建造物侵入の疑いで逮捕したと発表した。容疑を認めているという。

発表によると、髙容疑者は同日午後7時35分ごろ、
同市内の大型スーパーマーケットの女子トイレに侵入した疑い。

同署によると、トイレにいた女子中学生が仕切りの上からカメラ様のものが見えたため、
店内にいた母親に電話。
駆け付けた母親が女子トイレから出てきた髙容疑者を発見し取り押さえた。
トイレには当時、髙容疑者と女子中学生の2人しかいなかったという。

http://www.iga-younet.co.jp/news1/2014/02/29.html

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392889918/
【【国内犯罪】女子トイレに侵入し女子中学生を盗撮 名張署、在日韓国人の髙石こと髙崇絋を逮捕 三重】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/12(木) 10:41:58.50 ID:???
 「表現の自由」との兼ね合いから容認されている「在日特権を許さない市民の会」(在特会)などによる
排外差別デモの撤廃を求める第3回国会集会が11月28日、参議院議員会館で開かれた。
集会ではジャーナリストや大学教授、弁護士ら6人が報告に立ち、
「表現の自由」とのバランスを尊重しつつも一定の法的規制は必要との方向性を確認した。

 在特会側が「錦の御旗」としているのが日本国憲法で保障された「表現の自由」。
日本政府はこの「表現の自由」を盾にデモを許容しているため、
警察に守られた「反韓・嫌韓デモ」が全国各地に広がっているのが実情だ。

 11月10日には初めて東京の足立区でも行われた。
ここでも「在日ゴキブリ朝鮮人」や「朝鮮人を叩き出せ」などのヘイトスピーチが行き交った。

 報告者の一人でジャーナリストの安田浩一さんは、「規制すべき差別はない」とした
日本政府の見解について「現実を無視したもの」と批判。
「現場でいちばん沈黙を強いられているのは被害当事者。被害当事者だからこそ沈黙を余儀なくされている」と指摘した。

 市民レベルでヘイトスピーチ反対運動を展開している辛淑玉さんによれば、
「のりこえねっと」を立ち上げてからというもの、メールなどによる嫌がらせが殺到しているという。
「当事者として日本社会で声を上げるのは大変」と、安田さんの発言を裏付けた。

 李春熙弁護士も、当事者たるマイノリティーが自ら被害の回復に立ち向かうことがいかに難しいかを説き、
「被害の存在、現状から考えよう」と訴えた。

 師岡康子さん(大阪経済法科大学客員研究員)は、
「不特定多数へのヘイトスピーチがマイノリティーに死ぬほどの苦しみを与えている」と前置きし、
「まずこれを違法にしなければならない」と述べ、「包括的差別禁止法」の必要性を訴えた。

 ただし、表現の自由とのバランスを尊重しなければならないことから、
「規制は必要だが、乱用をどう防ぐか。乱用の危険を踏まえつつ、規制法をつくっていこう」と呼びかけた。

 最後に呼びかけ人の有田芳生参院議員が、
来年にも包括的差別禁止法を議員立法として国会に提出していくとの考えを明らかにしながら、
「2014年を差別撤廃の大きなうねりをつくる年にしたい」と締めくくった。(2013.12.11 民団新聞)

http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?page=1&subpage=5032&corner=2

【統一日報】民主党・有田芳生議員「来年に人種差別禁止法を提出し、在特会らの在日韓国人への嫌韓デモ等をなくす」★3[12/04]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386161059/

【辛淑玉 在日韓国人として嫌韓デモ法規制を訴えるのは大変 規制する前に同胞の問題は考えないのか?やはり自己中心的なのか?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/09(月) 19:30:00.05 ID:???
安倍晋三政権が、外国人の通名(通称名=日本人名)の厳格化に乗り出した。
総務省自治行政局外国人住民基本台帳室長が先月15日に通達を出し、外国人が通名を記載する際には要件を厳格にした上で、
原則として変更を許さないものとしたのだ。総務大臣政務官時代からこの問題に取り組んできた、自民党の片山さつき参院議員が、通名の問題点を語った。

「日本人が改名するには、家裁の許可が必要です。しかし、外国人の場合、届けるだけで通名を変えられる。これはいかにもおかしい。通達により通名が容易に変更できなくなって当然です」

片山氏はこう語る。

外国人が通名を変える例は珍しくない。中には、数十回も変えたケースもあり、不正の温床になることも。
実際、11月1日、埼玉県警組織犯罪対策課と大宮西署は何度も通名を変えて約160個もの端末を転売した韓国籍の男性を、組織犯罪処罰法違反および詐欺容疑で逮捕した。

片山氏は「通名制度も、そろそろ見直した方がいい」といい、存在への疑問をこう語る。

「通名制度は、昭和14(1939)年の創氏改名制度で日本名を持った人々が、敗戦後の21(46)年の姓名復旧令で、その日本名を使用したのが始まりです。
日本で生きていくにはその方が便利だったというほかに、戦後の混乱期に、一度登録した通名で商業登記や不動産登記などの手続きが積みあげられてしまった側面もありました」

だが、通名を記載できた旧外国人登録制度(2012年廃止)とは異なり、現行制度では、特別永住者証明書にも在留カードにも、通名を記載する個所がなくなった。片山氏は続ける。

「戦後生まれの人は、通名を持つ意味は少ない。日本名を名乗りたければ帰化すればいいのです」

確かに、そうすれば通名を隠れみのにして外国人が政治献金することも防止できる。
さらに通名は、日本の安全保障にも影響しうる可能性がある。さらに、片山氏はこう警告する。

「中国の習近平国家主席が国防動員法に基づいて、日本にいる中国人に登録を求めています。
中国が沖縄県・尖閣周辺の空域に『防空識別圏』を設置するなど国内外で緊張感が高まる現在、

通名で潜伏する中国人たちが北京政府の指示の下でいきなり蜂起するようなことは、絶対に避けなければなりません」 (安積明子)

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131209/plt1312091534001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131209/plt1312091534001-n2.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386585000/

【総務省、通名制度を見直し 変更数十回で転売行った在日韓国人など不正犯罪の温床となる事も】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/08(日) 00:54:44.11 ID:???
兵役行政・国籍法説明会―韓国滞在3年で兵役義務 93年以前生まれ及び就学者は除外

駐日韓国大使館は11月25日(大阪)と28日(東京)で「兵務行政」と「国籍法」の説明会を開いた。
本国の法務部と兵務庁の担当者が大阪と東京を直接訪れて説明した。

駐日大使館の趙羲干領事によると、今回の説明会は大使館による訪問民願サービスの一環で行われた。
実際に本国に母国修学などで長期滞在する人の中には、
兵役法に関する法律をよく知らないでトラブルに巻き込まれるケースもあるという。
今回の説明会では海外同胞の兵役行政に関する説明が主なテーマだった。

韓国は国民皆兵主義に基づく徴兵制。国内海外を問わず、
韓国籍を保有する男性は憲法第39条、兵役法第3条により兵役義務の対象になっている。
対象年齢20歳~37歳までの間に
陸軍(21カ月)、海軍(23カ月)、海兵(21カ月)、空軍(24カ月)で兵役を履行しなければならない。

駐日大使館担当領事の趙羲干領事によると、世界の海外同胞のうち、対象者の94%は在日同胞であるという。
たとえば、在米同胞の場合は韓国籍ではなく、米国籍を取得している人が多いため、兵役対象ではない人がほとんどだ。

在日同胞の場合は、基本的には兵役法による「在外国民2世」(在日2世の意味ではない)
の確認を取得すれば、兵役対象にはならないようになっている。
海外で出生、または6歳以前に本国を出国した人、17歳まで本人と父母が継続して海外に居住している人などが条件だ。
多くの在日同胞の場合は「海外で出生」に該当し、兵役義務からは対象外で延期された状態だ。

ただし、「在日国民2世」の確認を取得しても、来年20歳になる1994年1月1日以降の出生者からは、
18歳以降、通算で本国滞在期間(母国修学や語学留学などは除外)が3年を超えれば、
「在外国民2世」として扱われないようになっている。
そのため、本国で3年以上の長期滞在や営利活動をする在日同胞は兵役義務を課せられるようになっている。

一方で最近では、ニューヨークの韓人会の建議で2004年から始まった「永住権者入営希望願制度」により
海外永住権者(日本の特別永住者なども含む)でも兵役を履行する人が増えている。

兵務庁による世界の「永住権者入営希望出願現況」(2013年10月31日現在)によると、
制度が始まった2004年は38人だったが、年々増加して2013年には318人が入営希望を出願している。
10年間で1663人が入営している状況だ。在日同胞は同期間に100人程度が入営しており、年々増えているという。

http://news.onekoreanews.net/detail.php?number=74332&thread=04

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386431684/

【「韓国滞在3年で兵役義務」法務部・兵務庁、在日韓国人に兵役行政・国籍法説明会】の続きを読む

このページのトップヘ