トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

国家安全保障戦略

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/18(水) 10:11:51.22 ID:???
安倍政権がきのう、今後10年の外交・安保政策の指針となる初めての国家安全保障戦略(NSS)を
閣議決定した。これを踏まえた新防衛大綱と中期防衛力整備計画(中期防)も、あわせて決定した。

安保戦略は本来、外交と防衛を組み合わせた安全保障の見取り図を示す意味がある。
戦略の中核に据えられたのは日本の「強靱性(きょうじんせい)」を高めることである。
政権の関心は軍事に偏っており、バランスを欠いた印象が否めない。

大国化する中国への対抗心に駆られるあまり、日本の安保政策の基軸としている専守防衛から、
「力の行使」にカジを切ろうとしているのか。
日中関係を安定軌道にのせる外交戦略などは、どこかに置き忘れてきたかのようだ。

安保戦略が強調しているのが、安倍首相が唱え始めた「積極的平和主義」というキーワードである。
憲法9条による縛りを解き、日本の軍事的な役割を拡大していく考え方のことだ。
裏返せば、海外の紛争から一定の距離を置いてきた戦後の平和主義を「消極的」と切り捨てる発想が透けて見える。
このキーワードは、憲法解釈の変更による集団的自衛権の行使容認をめざす安倍政権の布石でもある。
平和主義の看板は掲げ続ける。しかし、それは方便にすぎず、実体は日本の安保政策の大転換となる。

安倍政権は国家安全保障会議(日本版NSC)を立ち上げ、多くの反対を押し切って特定秘密保護法も成立させた。
そして今回の安保戦略――。さらに、集団的自衛権の行使容認というパズルのピースがはまれば、
安倍首相がめざす「強靱化」は、ほぼ完成する。そのとき、戦後の平和主義は足もとから崩れる。

憲法9条が体現してきた安保政策の中身を掘り崩す動きは、すでに始まっている。
安保戦略では、武器輸出三原則について「新たな安保環境に適合する明確な原則を定める」と記された。
空文化が進む懸念がぬぐえない。日本は三原則のもと、非軍事的な手段で平和構築に貢献し、信頼を得てきた。
そういうあり方こそ、積極的平和主義の名にふさわしいはずだ。

敵のミサイル発射基地を自衛隊がたたく敵基地攻撃論も、近隣諸国や米国からの警戒感を招いてきた。
防衛大綱では、弾道ミサイルへの対応のなかで「検討の上、必要な措置を講ずる」という表現にとどめたが、将来に含みを残している。

たしかに、日本を取り巻く安保環境は厳しい。中国は海洋で国際秩序への挑戦を続けている。米国の影響力は低下し、
尖閣諸島をめぐる確執や北朝鮮の核ミサイル問題への対処にも不安が残る。
そこで、日本が軍事的な役割を拡大し、地域のパワーバランスをはかるのが安倍政権の考え方なのだろう。
戦争に至らないまでも、不測の事態に備える必要があるのは確かだ。

とはいえ、新たに「統合機動防衛力」構想を掲げた防衛大綱や、中期防が示した装備増強が適正かどうかは精査が必要だ。
機動戦闘車99両、新型輸送機オスプレイ17機、水陸両用車52両、無人偵察機グローバルホーク3機……。
減り続けていた戦闘機も、260機から280機に増やす。

沖縄配備が反発を招いた米海兵隊のオスプレイや、やはり米海兵隊が上陸・奪還作戦に使ってきた水陸両用車を導入する。
自衛隊への配備は、広く国民の理解を得られるだろうか。中期防が示した5年間の総額の防衛費は24兆6700億円と増加に転じている。

軍事偏重の動きは、近隣諸国への敵対的なメッセージにもなる。
軍拡が軍拡を呼ぶ「安全保障のジレンマ」に陥れば、かえって地域の安定を損なう。
地域の軍備管理の構想もないまま、軍拡競争に足を踏み入れるような発想からは、およそ戦略性は感じられない。

そもそも中国の軍拡を抑制するには、国際世論を日本に引きつける外交力が必要になる。
歴史認識や領土問題の取り扱いが肝心だが、安保戦略からは解決への道筋が見えない。
逆に、「我が国と郷土を愛する心を養う」という一文が盛り込まれた。過剰な愛国心教育につながる危うさをはらむ。
ナショナリズムをあおって国策を推し進めるような、息苦しい社会に導くのは誤りだ。

これまでも、戦前回帰を思わせる政治家の発言が国際的な批判を浴び、日本の外交的な立場を悪くしてきた。
国際社会の共感を生むためにも、日本の平和主義をどう位置づけ、いかに活用するか。明確に発信すべきだ。

http://www.asahi.com/paper/editorial.html

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387329111/
【戦争など損害が出れば朝日は補償してくれるのだろうか?安倍政権の安保戦略に平和主義とりちがえるなと言うが・・・無責任ではないか?】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/14(土) 12:34:01.39 ID:???
奪われる怒りを愛国心で排外主義・レイシズムへ流し込む醜悪な連鎖-大日本帝国を取り戻す安倍政権

昨日、安倍政権が、来週(17日)閣議決定する「国家安全保障戦略」に「愛国心」を盛り込み、あわせて武器輸出三原則の見直しも明記することを決めました。

秘密保護法施行(国民の目、耳、口をふさぎ、政府にたてつく国民は弾圧)
→武器輸出(「死の商人軍需産業大儲け→政治献金で安倍政権支える政治家も大儲け→軍事国家肥大)
→集団的自衛権行使(秘密保護法で理由も秘密で戦争開始→「死の商人」ますます儲かる)
→「愛国心」強制
→憲法9条改悪はじめ憲法の全面改悪
→国防軍創設、戦争に行かない人間は死刑
→大日本帝国を取り戻す=「日本を取り戻す」

こんなざっくりした安倍政権の「日本を取り戻す」流れが強まっていますが、そもそも国家権力が「愛国心」を国民に強制することは、
戦前の日本やナチスドイツのファシズム、北朝鮮のような全体主義につながるものです。その兆候はすでに大阪の学校における君が代斉唱の口元チェックなどの強行にあらわれています。

そして、安倍首相の求める「愛国心」が国家の安全保障を逆に危機的なものとすることは、すでに昨年12月15日の秋葉原でリアルに繰り広げられています。
昨年の衆議院選挙投票日の前日、安倍首相は選挙運動で最後の演説を秋葉原で行いました。日の丸を掲げて参加した多くの聴衆は、
「朝日新聞、NHKをぶっつぶせ!」「朝鮮人を追放して、日本を守れ!」「朝鮮人は全員、日本から出て行けー!」「天皇陛下、万歳!」「大日本帝国憲法、万歳!」と絶叫したのです。
これが、いま最も「愛国心」を持つ人々の現実です。
こうした「愛国心」を持つ人々の排外主義・レイシズムと、国内にも向けられている憎しみと蔑みが、本当に国家の安全保障をもたらすのでしょうか?

このような「愛国心」を国民に強制することが、国家の安全保障戦略になるものなのでしょうか?

『ネットと愛国――在特会の「闇」を追いかけて』(講談社)を書かれたジャーナリストの安田浩一さんの講演を何度か聴いたことがありますが、
安田浩一さんは要旨次のように指摘されていました。(by文責ノックオン。ツイッターアカウントはkokkoippan)
(中略)
いま日本社会では、多くの人たちが奪われたものを取り戻したいという感情が強まらざるをえない状況に追い込まれています。
在特会やネット右翼に限らず、日本に暮らす私たちは、雇用の機会や社会保障などいろいろなものを奪われ続けています。
本当ならば事実として奪っているものに対し怒りを燃やす必要があるのに、在特会の人たちの奪われたことに対する怒りは、差別意識とナショナルなものに回収されてしまっているのです。

在特会の人たちの差別意識、レイシズムは、歴史や伝統を縦軸とする「上から見下す差別」と、「下から見上げる差別」が混ざり合っています。
「下から見上げる差別」は、「在日が日本の権力機関を牛耳っている」とか「在日によって日本のメディアが支配されている」などの主張にあらわれています。
何かを「奪われた」と感じる彼らにとって、手厚く守られていると彼らが思い込んでいるメディアなどは単なる権威としか考えられなくなっているのです。
奪われ続け、ヒリヒリするような痛みを抱えた人たちが、受けた側もヒリヒリするような言葉を投げつけるという醜悪な連鎖に回収されてしまっています。

領土問題などで「愛国心」、ナショナリズムをあおって、奪われ続ける怒りを、差別、排外主義、レイシズムへ流し込む醜悪な連なりを断ち切れる日本社会をつくっていく必要があります。

http://blogos.com/article/75817/

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386992041/
【どういう妄想なんだろうか・・・?「在日韓国・朝鮮人は出て行けと言う愛国心を煽る安倍内閣、日本を危機に陥れる」らしい。】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/14(土) 11:57:09.30 ID:???
中国共産党機関紙・人民日報の国際版である環球時報はこのほど、日本が中国と開戦の準備を進めていると主張し、「日本の世論は具体的な開戦の時期まで示している」と報じた。

環球時報は、日本政府が11日にまとめた「国家安全保障戦略」と「中期防衛力整備計画」の概要に、
水陸両用部隊の新設が盛り込まれたことや、那覇基地の戦闘機を20機増やすこと、新型の早期警戒機を導入することについて問題視したうえで、
「日本では2014年1月に開戦するという具体的な日付を挙げる声まで存在する」と主張した。

環球時報の記事は何を根拠にしているのか不明だ。もはや「ねつ造」とも言えそうな主張だが、
権威ある共産党機関紙がこのような主張を展開したため、多くの中国人は日本が戦争をしたがっており、もはや日中の軍事衝突は不可避と思ったようだ。

中国大手検索サイト百度の掲示板にを覗いてみると、

「開戦したら俺も参戦するぞ」
「2月に日本は中国の太平洋経済特区となり、中国人が日本へ進駐するだろう」

と、報道を真に受けたうえに、すでに日本に勝った気でいるようなコメントも寄せられた。しかし比較的冷静なユーザーもいて、

「共産党機関紙を信じるのか?」
「くだらない。信じるに値しない」

など、共産党機関紙は信じられないというコメントも少なくなかった。
中国政府が情報統制を行っていることは中国人自身も知るところであり、中国では共産党の検閲のもとで操作された情報しか公開されていないと言えよう。
だが、別の意味で戦争を希望するコメントもあり、

「開戦しようぜ。俺は共産党が本当にテレビで宣伝しているように賢くて武勇に優れているのか、それとも腐った本質が見られるのか、楽しみなんだ」

というユーザーもいた。
いずれにしても中国政府を信用していないコメントであり、中国メディアの論調を見ると国民の目を外にそらそうと必死になっているようにも見える。(編集担当:畠山栄)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1213&f=national_1213_015.shtml

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386989829/
【共産党機関紙が民衆に戦争を煽る「2月には日本は中国領」「共産党の強さが分かるの楽しみ」が実際には海賊に身代金を払うお粗末な軍・・・】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 有明省吾 ◆BAKA3V.XYI @有明省吾ρφ ★ 2013/12/13(金) 10:13:00.35 ID:???0 BE:2291739179-PLT(12069)
★中日春秋

 英国人の看護師イーディス・キャベルが銃殺されたのは、第一次世界大戦のさなか、一九一五年の十月だった。
ドイツ占領下のベルギーで、彼女は敵味方分け隔てなく献身的に手当てをした

▼傷ついた英仏の兵士をかくまい、中立国に逃れるのを助けた。ドイツ軍は彼女を捕らえ、軍法会議で死刑を言い渡した。
キャベルは処刑の前夜、自分が祖国のために喜んで命を捧(ささ)げることを、親しい人たちに伝えてほしいと、静かな口調で牧師に語った

▼そして続けた。「けれど、私は申し上げたいのです…愛国心だけでは不十分なのだと、つくづく分かりました。誰に対しても、憎しみも恨みも持ってはいけないのです」

▼自分が育った土地と人々に絆を感じ、守ろうとするのは、自然な感情だろう。
しかし、その心に他の国や民族への憎しみや恨みが交じった時、政治がそれを巧みに利用する時、愛国心が危険な力を放つことは、歴史が教えてくれる

▼国民の知る権利を損なう特定秘密保護法を成立させたと思ったら、今度は外交・防衛の基本指針・国家安全保障戦略に「愛国心」を盛り込むという。
国の大事は知らなくてもいいと言いながら、国を愛せと言う。随分と、政府に都合のいい国民をご所望のようだ

▼政府が「愛国心」と言う時は、よくよく吟味した方がいい。実は「政府を愛する心」を求めているだけかもしれない。

中日新聞 2013年12月13日
http://www.chunichi.co.jp/article/column/syunju/CK2013121302000101.html

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386897180/
【中日新聞が中国や韓国に「他の国や民族への憎しみや恨みが交じった時…愛国心が危険な力を放つことは、歴史が教えてくれる」と解くwww】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/12(木) 17:44:25.88 ID:???0
★中国対抗へ陸海空3自衛隊を一体運用…防衛大綱

自民、公明両党は11日、安全保障に関するプロジェクトチーム(PT)の会合を国会内で開き、
今後約10年の外交・安保戦略の指針となる「国家安全保障戦略」と「防衛計画の大綱(防衛大綱)」
の概要を了承した。

陸海空3自衛隊を一体的に運用する「統合機動防衛力」構想を柱に、急速に軍備を拡張しながら
東シナ海に進出する中国に対抗していくことを打ち出した。いずれも17日に閣議決定する。

構想は、この日の会合で大綱案の中で政府が示した。民主党政権時の2010年に作られた今の
防衛大綱でも、自衛隊を機動的に運用する「動的防衛力」構想が掲げられているが、さらに
3自衛隊の連携を重視した。念頭にあるのは離島の防衛で、海空自衛隊が海と空を押さえた上で、
占拠された島を陸上部隊が奪還するなど、これまで以上に具体的に共同作戦を行うことを念頭に置いている。

(2013年12月12日06時09分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131211-OYT1T01590.htm

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386837865/
【中国対抗へ陸海空3自衛隊を一体運用…防衛大綱】の続きを読む

このページのトップヘ