トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

中国海軍

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 17:02:12.30 ID:???
先週の建国記念日(2月11日)、中国海軍南海艦隊戦闘即応戦隊(以下、「戦闘即応戦隊」)が
23日間のパトロールを終えて湛江海軍基地に帰還した(本コラム「南シナ海支配へ拍車をかける中国」参照)。
戦闘即応戦隊は、輸送揚陸艦「長白山」、“イージス”駆逐艦「海口」、
ミサイル駆逐艦「武漢」という3隻の軍艦で構成されていた。

オーストラリアの公共放送局であるオーストラリア放送協会(ABC)は、
このおよそ8000海里にわたる戦闘即応戦隊の航海を、
オーストラリアの安全保障にとって重大な意味を持つニュースとして放映した。
そのリポートは、オーストラリアの安全保障専門家、
ローリー・メドカフ氏(Lowy Institute for International Policy)の次のような警告を紹介していた。

「オーストラリアの“北の玄関口”周辺海域で、中国が2万トン級の新鋭揚陸艦と
イージスシステム搭載艦を含んだ新鋭駆逐艦による示威的航海を実施したのは、
オーストラリアのインド洋での海上航路帯に対して中国海軍が直接影響力を行使できることを
初めて具体的行動で示してみせた、極めて意義深い出来事である」

オーストラリアが戦闘即応戦隊の遠洋訓練航海に神経をとがらせたのは、この戦隊の航路に大きな理由がある。
no title


広東省の湛江海軍基地を発進した3隻の軍艦は、南シナ海の西沙諸島
(中国がベトナムとの武力衝突によって占領し、ベトナムと台湾も領有権を主張している)海域、
フィリピン軍守備隊が駐屯する馬歓島(フィリピン、中国、ベトナム、台湾が領有権を主張)周辺海域を含む
南沙諸島海域、それに南沙諸島最南端に近くマレーシアの排他的経済水域内に位置する
ジェームス暗礁(曾母暗沙:中国共産党政府は中国領最南端の土地と主張している)周辺海域などを
パトロールしながら南下して、1月29日、スンダ海峡を抜けてインド洋に進出した。

そして戦隊はインド洋からロンボク海峡を経てジャワ海に至り、マカッサル海峡を通過して、
2月3日、セレベス海から西太平洋に抜けた。西太平洋でも各種訓練を実施しつつ北上し、
フィリピンと台湾の間のバシー海峡を抜けて湛江海軍基地へと帰還した。この遠洋パトロールでは、
上陸戦訓練、対空訓練、対ミサイル訓練、対潜水艦戦訓練なども実施された。

戦闘即応戦隊がパトロールした航路は、領有権紛争中の西沙諸島周辺海域や南沙諸島周辺海域はともかくも、
それ以外は全くの公海上であり何ら問題はない。だが、オーストラリアにとっては、
これまで中国海軍がスンダ海峡やロンボク海峡といったインドネシアの島嶼列島線を越えて
オーストラリア北部沿海域まで進出してきた前例がなかったため、
中国海軍の意図を神経過敏に類推せざるを得なかったのである。

ちょうど戦闘即応戦隊が東南アジア海域をパトロールしていた時期に、アメリカでは、
「米中経済安全保障検討委員会」が中国海軍に関する分析の報告をアメリカ海軍情報局に求めて、
海軍情報局幹部やアナリストに対する諮問が実施されていた。
アメリカ海軍情報局は「中国海軍はアメリカ側の分析に基づく予想を超えたスピードで強化されている」
との警告を発した。

海軍情報局が委員会に提出し公開された報告書には、中国海軍は現在77隻の主要水上戦闘艦、
60隻以上の潜水艦、55隻の水陸両用戦用艦艇それに85隻のミサイル搭載小型艇を運用しているだけでなく、
2013年にはおよそ50隻の大小艦艇が起工、進水、あるいは就役したことが記されていた。
そして2014年にもほぼ同数のペースで軍艦が建造され続ける、と中国海軍の艦艇増産スピードの早さが強調されている。

報告書が警告しているのは数量だけではない。中国海軍の軍艦や搭載兵器、
それにコミュニケーションシステムやセンサー類の質も飛躍的に向上している点にも注意を喚起している。

(続く)

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39972
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39972?page=2

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392883332/
【【中国軍事】オーストラリアにも脅威を与えた中国海軍の遠洋パトロール 強化スピードは予想以上と米国が警告】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 情報分析官φ ★ 2014/01/28(火) 12:16:05.00 ID:???
南シナ海スプラトリー諸島(中国名・南沙諸島)南方のマレーシア排他的経済水域(EEZ)のジェームズ礁(中国名・曾母暗沙)に中国の艦艇3隻が侵入した。
同暗礁はサラワク州本土からわずか80キロメートルにあり、マレーシア政府の反発が予想される。

中国もジェームズ礁を最南の領域と主張している。中国は石油と天然ガスの豊富な南シナ海で領有権を主張しており、ほぼ全ての海域内で領有権を主張している。

ロイター通信は一連の中国海軍の動きについて、中国とマレーシアの関係を特別だと強調するなど親中的姿勢を示すナジブ・ラザク首相に平手打ちする行為だと報じた。

中国・新華社は揚陸艦「長白山」と駆逐艦2隻が参加した「主権宣誓式」が26日ジェームズ礁近海で行われたと報道。曾母暗沙が中国の領域であると強調した。

昨年3月にも中国の艦船4隻が同水域に侵入。マレーシア側に威嚇発砲するなどしたため、マレーシア海軍のアブドル・アジズ司令官が中国側を非難していた。


マレーシアナビ! 2014年01月28日 06:27
http://www.malaysia-navi.jp/news/?mode=d&i=2831

【【中馬】中国艦3隻、マレーシアのEEZに侵入 「主権宣誓式」を強行】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/07(土) 00:03:15.65 ID:???
【香港時事】中国系の香港フェニックス・テレビは6日までに、
中国海軍の空母「遼寧」と艦載機の「殲15」戦闘機が来年、南シナ海で実弾射撃演習を行うと伝えた。

既に南シナ海に入っている「遼寧」は今後数カ月間、主要兵器システムを使った訓練を続けるという。
東シナ海に続き、南シナ海にも防空識別圏を設定する動きとともに、空母の演習により、
南シナ海の領有権を争う東南アジアの関係各国に軍事力を誇示する狙いがあるとみられる。

中国海軍は東シナ海でも、防空圏設定に合わせて航空隊の大規模な演習を実施している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131206-00000163-jij-cn

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386342195/
【中国海軍の空母「遼寧」とJ-15艦載戦闘機、南シナ海で実弾射撃演習へ[12/06]】の続きを読む

このページのトップヘ