トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

中国共産党機関紙

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: そーきそばφ ★ 2014/01/06(月) 11:07:32.23 ID:???
「お金に目がくらんで“正義”を見失っている」。「成熟した主権国とは見なしがたい」。中国共産党機関紙が、
靖国神社参拝に続いて南太平洋諸島の慰霊碑参拝計画を明らかにした安倍晋三日本首相に沈黙する東南アジア諸国を強く非難した。

人民日報海外版は4日、「東南アジア、あなたはなぜ安倍に対し、秋のセミのように声も出せないのか」と題した記事を掲載した記事は
「安倍首相が昨年12月26日に靖国神社を参拝し、“宣戦布告”のような新年の言葉でも足りず、
2年以内に太平洋諸島を訪問して亡霊を参拝する計画を明らかにした」とし「これは安倍が国内の“鬼神参拝”では足りず、
海外でも“鬼神参拝”をするという意味」と報じた。

安倍首相の動きに東南アジア諸国は沈黙で一貫している。ベトナム外務省が「日本が地域の平和と安定のために関係国と協力し、
問題を処理することを希望する」とあいまいに発表したのが唯一の公式反応だ。

中国社会科学院日本研究所の高洪研究員は「戦後、日本は政府開発援助(ODA)方式でお金をばらまき、
東南アジア諸国を味方に引き込んだ」とし「利益に目がくらみ義理を捨てた(見利忘義)という言葉は、
フィリピンのような国に対しては少しも言い過ぎでない」と直接的に批判した。

中国外交学院の周永生教授も「安倍首相は中国脅威論を強調しながら、東南アジア諸国に海洋巡視艇を提供するなど、
南中国海(南シナ海)で中国を包囲している」と述べた。周永生教授は「日本が東南アジアに提供する経済援助のうち
無償援助は全体の10%にすぎないが、東南アジア諸国は金脈が途切れる冒険を望まない」と分析した。

日本が公開した資料によると、第2次世界大戦当時、日本軍はインドネシアで400万人、ベトナムで200万人、
フィリピンで111万人、ミャンマーで30万人、シンガポールで15万人を殺害した。匿名の専門家は、
西側の長い植民支配に続き日本植民地を経験した東南アジア諸国について、
「日本の占領期間が比較的短かったため、,現地人は日本をむしろ解放者と認識している」と述べた。

安倍首相は東南アジアに続き、南太平洋で日本の影響力拡大を狙っている。年初から南太平洋国家を訪問し、
政府の援助と各種経済支援を提供する計画だ。これとともに9月に開かれる予定の南太平洋国家首脳会議への
出席を推進している。その間、次官級を派遣してきたが、今年から首相に格上げし、この地域に対する影響力の強化を狙うという腹案だ。

人民日報海外版は「安倍のA級戦犯参拝は東京戦犯裁判を覆すもので、日本軍国主義の侵略と植民統治の歴史を美化する行為であり、
第2次世界大戦後の国際秩序を否定する挑発行為」とし、非難の声を高めた。「東南アジア諸国が正しい立場を表明しなければ、
この地域を主導できなくなる」と力説した。人民日報も5日付から「日本歴史問題焦点」シリーズの連載を始め、日本批判論調を続けた。

中央日報日本語版 1月6日(月)10時40分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140106-00000011-cnippou-kr

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388974052/

東南アジア諸国が中国に声を出さないのかも不思議。金に目が眩んでるのか、中国の恐怖なのか・・・

【「安倍の太平洋鬼神参拝、東南アジアはなぜ声を出さないのか」「フィリピンは金に目がくらんで正義を捨てた」-人民日報】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 壊龍φ ★ 2013/12/19(木) 06:31:47.01 ID:???
中国紙、安倍氏の「夢」批判…習氏「夢」触れず


 【北京=五十嵐文】18日付の中国共産党機関紙・人民日報は、安倍政権が決定した国家安全
保障戦略などについて、軍事大国化が安倍首相の「夢」であり、「世界各国が首相の『夢』を高度に
警戒している」と決めつける社説を掲載した。

 首相は今月、自身にとっての「今年の漢字」を記者団から問われ、「夢」と答えた。これに絡めて、
社説は「軍拡、戦争準備の道をまっしぐらに進む安倍首相の『夢』は、日本をどのような未来に導くのか。
軍事大国化のたくらみは断じて許されない」と一方的に批判した。

 もっとも、中国の習近平(シージンピン)国家主席は「中国の夢」をスローガンに掲げ、「富国強兵」路線を
めざすと表明しているが、社説ではいっさい触れなかった。


YOMIURI ONLINE: 2013年12月18日19時43分
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131218-OYT1T00975.htm?from=ylist

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1387402307/

相変わらずの共産党機関紙。一方的で鏡の無い国家。言うのは自由だろうけど、恥ずかしく無いのかね・・・自分の国家を見ないでこういう事いって。まあ誰も見てないか・・・ホント日本の軍拡とか言ってないで、大気汚染なんとかしろって感じ。 困って援助求めて来られてもねぇ・・

【中国紙、安倍氏の「夢」を世界各国が高度に警戒していると決めつけ批判…習氏の富国強兵の「夢」には触れず[12/18]】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/14(土) 11:57:09.30 ID:???
中国共産党機関紙・人民日報の国際版である環球時報はこのほど、日本が中国と開戦の準備を進めていると主張し、「日本の世論は具体的な開戦の時期まで示している」と報じた。

環球時報は、日本政府が11日にまとめた「国家安全保障戦略」と「中期防衛力整備計画」の概要に、
水陸両用部隊の新設が盛り込まれたことや、那覇基地の戦闘機を20機増やすこと、新型の早期警戒機を導入することについて問題視したうえで、
「日本では2014年1月に開戦するという具体的な日付を挙げる声まで存在する」と主張した。

環球時報の記事は何を根拠にしているのか不明だ。もはや「ねつ造」とも言えそうな主張だが、
権威ある共産党機関紙がこのような主張を展開したため、多くの中国人は日本が戦争をしたがっており、もはや日中の軍事衝突は不可避と思ったようだ。

中国大手検索サイト百度の掲示板にを覗いてみると、

「開戦したら俺も参戦するぞ」
「2月に日本は中国の太平洋経済特区となり、中国人が日本へ進駐するだろう」

と、報道を真に受けたうえに、すでに日本に勝った気でいるようなコメントも寄せられた。しかし比較的冷静なユーザーもいて、

「共産党機関紙を信じるのか?」
「くだらない。信じるに値しない」

など、共産党機関紙は信じられないというコメントも少なくなかった。
中国政府が情報統制を行っていることは中国人自身も知るところであり、中国では共産党の検閲のもとで操作された情報しか公開されていないと言えよう。
だが、別の意味で戦争を希望するコメントもあり、

「開戦しようぜ。俺は共産党が本当にテレビで宣伝しているように賢くて武勇に優れているのか、それとも腐った本質が見られるのか、楽しみなんだ」

というユーザーもいた。
いずれにしても中国政府を信用していないコメントであり、中国メディアの論調を見ると国民の目を外にそらそうと必死になっているようにも見える。(編集担当:畠山栄)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1213&f=national_1213_015.shtml

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386989829/
【共産党機関紙が民衆に戦争を煽る「2月には日本は中国領」「共産党の強さが分かるの楽しみ」が実際には海賊に身代金を払うお粗末な軍・・・】の続きを読む

このページのトップヘ