トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

ダライ・ラマ14世

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 壊龍φ ★ 2014/02/22(土) 13:18:36.19 ID:???
 【北京時事】中国外務省の秦剛報道局長は22日、オバマ米大統領がチベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世と
会談したことについて談話を発表し「中国内政への重大な干渉であり、中米関係を著しく損なうものだ」と反発した。
さらに「強烈な憤慨と断固たる反対」を表明した。
 秦局長は「何度も米側に重大な懸念を表明してきた」と指摘。会談を受け、張業遂・筆頭外務次官が駐中国臨時
代理大使を呼び「米側の誤った行為」に抗議したと明らかにした。


jiji.com: 2014/02/22-11:47
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014022200179

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393042716/

【【米中】中国、「強烈な憤慨」と反発=ダライ・ラマとの会談で米に抗議】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 壊龍φ ★ 2014/02/22(土) 09:44:55.61 ID:???
 【ワシントン=青木伸行】オバマ米大統領は21日、米国を訪問中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と、
ホワイトハウスで会談した。

 米政府はチベットを中国の一部と認め、独立ではなく、高度の自治を求めるダライ・ラマ14世の「中道路線」を支持
している。

 国家安全保障会議(NSC)のヘイデン報道官は「米国は人権と信教の自由を強く支持する。チベットで人権状況の
悪化が続いていることを懸念している」と指摘。会談を通じオバマ大統領は、ダライ・ラマ14世との対話を無条件で再開
するよう、中国に向けたメッセージを発した。

 会談は2011年7月以来で、今回が3度目。習近平氏の中国の国家主席就任後は初めて。中国外務省の華春瑩
報道官は21日、「中米関係に重大な損害を与える」と警告していた。

 米中では最近、ラッセル米国務次官補らが、東・南シナ海での中国の権益主張を非難し、中国の崔天凱駐米大使が
20日、「中国の正当な権益を損なう形で、(米政府が)地域問題を操ろうとすることは容認できない」と反発するなど、
応酬が強まっている。


msn産経ニュース: 2014.2.22 08:58
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140222/amr14022208590002-n1.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393029895/
【【米中】ダライ・ラマと会談 米大統領、中国に対話圧力】の続きを読む

このページのトップヘ