トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

中国

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 蚯蚓φ ★ 2014/02/20(木) 22:06:04.83 ID:???
韓国ドラマ「星から来たあなた」が中国で大人気となり、鳥インフルエンザ(AI)で瀕死の状態に陥
った中国養鶏産業に希望の光を与えている。ドラマの主人公、チョン・ジヒョンの好きな食べ物まで
まねようとする熱狂的な女性ファンのおかげだ。

19日、新華社通信と香港明報によると、大都市を中心に「フライドチキン」の消費が急激に増加し
ている。韓国人が密集している上海市閔行区の一部韓国式チキンレストランは、揚げた鶏を買うた
めに3時間列に並ばなければならない。浙江省杭州市のある和食チェーン店では、バレンタインデ
ー(2月14日)にチキンとビールのセットを販売した。湖南省長沙市では、ある女性が8食続けてチ
キンを食べ、顔に吹き出物ができたほどだ。ある冷凍鶏供給業者は、「AIため春節(正月)前に売り
上げが大きく落ちたが、突然注文が殺到した」と話した。

チキンが飛ぶように売れる原動力は、「星から来たあなた」でチョン・ジヒョンが言った「雪が降る日
にはチキンとビール…」という台詞だった。ドラマが人気を博し、チョン・ジヒョンをまねようとファンが
先を争ってチキンレストランを訪れている。

上海に暮らす海外同胞のハ・ジョンシクさんは、「韓国式チキン店がドラマの主人公の写真をかけ
て写真を撮ることができるようにするなど、『スターマーケティング』をしている」と伝えた。そして、「中
国人がチキン店だけでなく韓国レストランにも訪れ、予約もできない。韓国式サウナやコーヒーショ
ップも人気だ」と付け加えた。

中国人は、「星から来たあなた」をテレビでなくインターネットでダウンロードして見ている。北京の会
社員、王瑞卓さんは、「ドラマが韓国で放映された当日にダウンロードでき、韓国語ができる人はそ
の日に見る。中国語字幕の映像は、翌日にはネットにアップされる」と話した。

明報は、「養鶏産業がAIために受けた損失がドラマのおかげで一部挽回できている」と伝えた。

「星から来たあなた」のほかに最近韓国で人気のドラマ「相続者たち」も中国で熱狂的なファンがい
る。英字紙チャイナデイリーは、上海に進出した韓国のカフェチェーン「マンゴー・シックス」では、3
3人民元(約5800ウォン)のマンゴーミルクやココナッツミルクを買うために40分も列に並ぶ人を見
ることができると伝えた。マンゴー・シックスは「相続者たち」で主人公のお気に入りの店だ。

ソース:東亜日報<中国大陸に吹くチキン旋風>
http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014022024848

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392901564/
【【韓流】 中国大陸に吹くチキン旋風~韓国ドラマの影響で「フライドチキン」の消費急激】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 22:01:07.21 ID:???
米国務省出身、独立系シンクタンクの学者であるスティーブン・ハーナー氏は、
このほどロンドン政治経済学院で開かれた「2014年中国発展フォーラム」で
環球時報の記者に対して、「アジアにおいて、米国を抜きにして中日関係を語ることはできない。
これが三角形の地政学的な関係だからだ」と語った。

ハーナー氏はシティバンクの勤務経験を持ち、2006?2010年に中国平安銀行の副総裁に就任した。
ハーナー氏は現在日本に住みながら、コンサルティング会社、楊子世紀の董事長に就任している。
米中日の間を歩き回るこの学者は、米日同盟をなくせば中国とウィンウィンの関係を構築し、
アジアに安定をもたらすことができると考えている。

――東中国海の情勢が緊張に向かう中、新たな冷戦が起きる危険性はないか?

ハーナー氏:新たな冷戦の危険性はないと思う。中日関係はまずい状況に陥っており、両国にとって不利である。
日本の態度と行動は米国の影響を受けるため、米国を抜きにして中日関係を語ることはできない。
これが三角形の地政学的な関係だからだ。

米国はアジアの政策に対して、中国の現在の合法的な権益と政策の注目点を重視しておらず、
常に凍結状態で、戦後の米日同盟と冷戦の枠組みを維持している。これは現在問題となっていることだ。
米国は新型大国関係を受け入れる準備をしていないようだ。

――ケリー国務長官が先ほど訪日した際に、日本に対する保護の義務について再び約束したが、これをどう見るべきか?

ハーナー氏:バイデン米副大統領も訪日中に、米日同盟は我々の安全の基盤だと述べた。
このような言い方は何度も繰り返されているが、率直に言えば、これは米国の根本的な利益に合致せず、
むしろ米国防総省の官僚の利益に合致している。

当然ながら、バイデン氏の別の発言は正確だった。
中米両国の関係は、国際関係における長期的な「核心的組織の原則」になると指摘したのだ。
米国のアジアにおける同盟関係は、軍事的な覇権と支配の継続を示している。これは権力の不均衡だ。
米国は日本と手を切るべきで、そうすれば中米のウィンウィンの関係を構築する条件が整えられ、アジアの安定を維持できる。

――米国の釣魚島問題における立場をどう見ているか?

ハーナー氏:米国はこれまで中立的な立場を維持してきたが、今や米国の政策は日本に対する支持を強めている。
これは米国の利益に合致しない。米日同盟がなければ、日本は中米両国の間でより中立的な立場を求め、
誠意を持って中国と交渉したがる可能性がある。

ヒュー・ホワイト前オーストラリア国防省副次官は先ほど上梓した『中国の選択』の中で、
米国は平等を基礎とし中国と権力を分け合うべきだと主張した。いかにアジア太平洋の
新しい秩序を構築するかという問題にとって、これは非常に良い発想だ。
米国は今後より理性的に現実を見据え、同地域における真の利益を選択するべきだ。

また政治面で高い名声を持つ人が立ち上がり、米国の政策の変化を促すことに期待したい。
ニクソンやキッシンジャーは当時、大きな変化をもたらした。

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2014-02/20/content_31534827.htm
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2014-02/20/content_31534827_2.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392901267/
【【中国網】日本保護は米国にとって不利益、日米同盟撤廃し米中関係構築を】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 20:45:36.24 ID:???
【大紀元日本2月18日】共産党機関紙人民日報傘下の「環球時報」編集長・胡錫進氏は13日、
中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で「すべての中国人は不満タラタラ」と書き込み、
「やっと真実の一言を言ってくれた」と多くの中国ネットユーザーが嘲笑混じりの反応を示し、
話題となった。

ウェイボーでは、胡編集長はある金持ちの友人が「不満だらけ」と語り、
その理由について聞いたところ彼が「空気や食品の安全はもちろん、
最も重要なのは国の政治に口出しする権利がなく、本当にうんざり」と答えたという。

これに「すべての中国人は得るべきものを得られていないと不満を感じている。
これは本当に問題である」と胡編集長は指摘した。

中国共産党のマウスピースとして役割を果たしている官製メディアの編集長だけに、
この書き込みは注目され、「中国社会の問題の深刻さを表した」との見方が大半を占めている。

 ジャーナリストで「中国青年報」の週刊誌「氷点」元編集長・李大同氏は
米海外向け放送ボイス・オブ・アメリカ(VOA)の取材に応じ、
「一般市民どころか、幹部でさえ不満だらけ」と述べた。
「現在の政治体制下では、社会の公正と正義が存在していないので、誰も安全でない」と語った。

さらに、「多くの実業家や億万長者と言われた者も、昨日は政府の模範として尊ばれたが、
次の日には逮捕されてしまい、すべての財産が一晩で没収されてしまった」
と富裕層でも不安と隣り合わせの暮らしを送っているという。

李氏は転倒した老人を助けることを躊躇する今の社会では、
「基本的な社会倫理はもう存在していない」と現状を分析した。

一方、インターネットの普及によって中国人が外の世界を知るようになり、
「これは社会に変革をもたらすであろう。国民は徐々に成長し、中国は世界に近づいている」
と期待を寄せている。

翻訳編集:王君宜

http://www.epochtimes.jp/jp/2014/02/html/d71895.html

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392896736/
【【大紀元】「すべての中国人は不満だらけ」環球時報編集長が吐露、社会不安の深刻化か】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 20:33:04.25 ID:???
東京の新宿駅の付近に、一風変わった独特の形状を持つビルが建っている。
外壁が網目のような白い鉄筋に覆われた楕円形の超高層ビルだ。
これは、日本のファッション業界やアニメ・漫画業界の優れた才能を数多く輩出してきた東京モード学園のコクーンタワーだ。
東京モード学園は日本に数多くある漫画・アニメ専門学校の中でもかなりの大手だ。

日本の「専門学校」とは、中国の「大学専科」(大専)にあたるが、
日本社会における専門学校は、中国の大専より遥かに高い名声を得ている。新華網が伝えた。

「一休さん」、「花の子ルンルン」、「美少女戦士セーラームーン」、「ドラえもん」など、
中国でも良く知られる名作を数多く生み出してきた日本のアニメ・漫画界が誇る強大な影響力は、
その創造力から生まれている。

では、こういった創造力はどこから養われてきたのか?
これについて、日本に留学している中国人に質問してみると、皆、異口同音に、
「創造性を持つ才能の育成や知的財産権の保護を重視していることが、重要な要素となっている」と語った。

日本のアニメ・漫画産業の発展には、日本人のある一つの考え方が大きく影響している。
それは、「アニメ・漫画は子供だけのものではない」という考えだ。

1970年代、日本政府は漫画やアニメのメインターゲットは決して低年齢層の子供ではなく、
もっと幅広い青少年や中年層であることに気付いた。そのときから、
日本のアニメ・漫画産業は児童向け文化の領域から大きく抜け出し、
映画や商業音楽と同じように独立した形で発展していった。

このため、原作者の思考は完全に開放されている。1980-90年代、
日本のアニメ・漫画産業は中学や高校、職場、虚構の世界などを舞台にした優れた作品を大量に生み出してきた。
その中から、宮崎駿のような偉大なアニメ作家や秋葉原などの新しいオタク文化スポットなどが生まれた。
「成長」、「青春」、「熱血」などが代表する青春期の少年少女の心理描写を軸に、
日本アニメ・漫画の独特なスタイルが形成されのだ。

これと同時に、知的財産権の保護も非常に重視されてきたことが、
日本漫画の創造力を保ち続ける原動力となった。日本で一番漫画を買う層は、中学生だ。
中国と異なり日本のインターネットでは無料で見れる漫画サイトがないため、
中学生は小遣いをやりくりして書店やコンビ二などで漫画を購入する。

このため、日本の出版社は著作権の契約を交わすとき、一冊の本をめくって、
ひとつひとつのイラストについて話をする。なぜなら、
それぞれのページの写真やイラストの著作権の所有者が違うこともあるからだ。

このほか、日本の出版社と作者が印税の契約を結ぶ際には、
通常現在手がけている出版物の件に限られる。仮に新しい作品を出版する際には、
再び作者と新しい契約を結ぶ。例えば、漫画作品から派生した関連商品に対して、
出版社は売り上げの4-5%の印税を作者に払う。

また、アニメ化された一話分の印税は1000万円以上にも上る。
携帯電話から電子書籍の漫画がダウンロードされた場合も印税が支払われる。
もし、海賊版を制作すれば、作者は罰金を課せられるだけでなく、刑務所に入ることになる。

日本の売れっ子漫画作家の年収は往々にして10億円以上に上る。
日本最高の初版発行部数記録をつくった「ワンピース」の漫画家・尾田栄一郎氏の
2010年度の年収は250億円にも達している。漫画の創作によって生み出される経済の収益は
保障されており、作者はおのずと精力を傾けてより良い作品作りに励んでいくことになる。

日本の漫画が世界を魅了するのは、日本伝統の文化的要素を掘り起こしてきたことに
由来するところが大きい。実のところ、日本の「ドラえもん」にしても、米国の「ウォークラフト」にしても、
世界を魅了した文化産業製品の中には、一つとして外国人の好みに合わせて創作されたものはない。
「民族的なものこそ、世界的なもの」という魯迅の言葉は、今もなお現実を映し出している。(編集MZ)

http://j.people.com.cn/94473/8541517.html
http://j.people.com.cn/94473/8541519.html

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392895984/
【【人民日報】日本のアニメ・漫画が世界を魅了する理由とは?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 20:21:15.45 ID:???
2014年2月19日、ソニーの新型ゲーム機「PS4(プレイステーション4)」の
日本国内発売まで数日となったが、その発売を待たずして
同ゲーム機の販売台数が目標の500万台を突破。
PS4は2014年3月末までに500万台の販売目標が立てられていたが、
すでに530万台の売り上げを達成する好調ぶりを見せている。

多くのゲームファンがいる中国でも同ニュースは注目を集め、
ネットには多くの書き込みが見られた。以下は代表的なコメント。

「中国は上海の自由貿易区でゲーム機禁止令を解除したが、取り消すべきだ。
中国には自国製のゲーム機がない。これでは日本と米国に太刀打ちできない。
日本のゲーム機の中国進出を防ぐ意味でも禁止令は継続すべきだ」
「日本はマンガ・アニメ、ゲーム、成人ビデオ、グルメで中国を侵略しようとしているのだ。
中国の若者をこれらで誘惑し、戦闘力を失くしている。これは日本の戦略だ」
「ゲームをするのにも愛国心が必要なのか?」

「私は任天堂の方が好きだ。任天堂頑張れ!」
「任天堂こそテレビゲームの専門家だ」

「日本は中国という存在がなくても問題ないが、中国はちがう。
日本という存在がなければ、中国は“北朝鮮より少しマシ”が関の山だ」
「私には必要ない。ゲームならPCや携帯電話で十分だ」
「多くの人が日本製品の不買を訴えているが、中国がPS4の様な素晴らしいゲーム機を作ることができれば、
日本製品の不買など訴える必要もない」(翻訳・編集/内山)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83648&type=0

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392895275/
【【中国/ネット】売上好調なPS4、「携帯電話で十分」「販売禁止令復活を」「漫画・アニメ、ゲーム、AV、和食は日本の文化侵略だ」】の続きを読む

このページのトップヘ