トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

中国

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/21(金) 01:37:14.25 ID:???
中国では、大手金融機関が発表した製造業の景気判断指数が、
2か月続けて良いか悪いかを判断する節目となる50を下回り、
これを受けて上海と香港の株式市場では、
株価の終値がいずれも19日に比べていくぶん値下がりしました。

イギリスの金融大手、HSBCが20日発表した、
今月の中国の製造業の景気判断を示す指数は48.3と、
良いか悪いかを判断する節目となる50を2か月連続で下回りました。

この背景には、企業が過剰な在庫を抱えていることや、
中国政府が公共投資の伸びを抑えようとしているという見方から、
景気の先行きに対して慎重な企業が増えていることがあるものとみられます。

これを受けて上海の株式市場では、株価の代表的な指数である「総合指数」の終値は、
2138.78ポイントと、19日の終値と比べて0.18%値下がりしました。
また、香港の株式市場でも、代表的な株価指数が19日の終値と比べ、1.19%値下がりしました。

市場関係者は、「中国経済の現状は一気に悪化しているわけではないが、海外の投資家は、
理財商品と呼ばれる高利回りの金融商品が新たな問題を引き起こすという懸念を強めており、
中国経済が弱含んでいることを示す統計には、敏感に反応するだろう」と話していて、
海外市場への影響が懸念されています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140220/k10015408561000.html

引用;http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392914234/
【【中国経済】中国株価 景気指数悪化受け値下がり】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/21(金) 00:30:51.77 ID:???
韓国の済州島で同島初となるカジノ付き統合リゾート施設が誕生する。

現地英字紙コリア・ヘラルドなどによると、
シンガポールのリゾート運営会社ゲンティン・シンガポールと
中国の不動産会社ランディング・インターナショナル・デベロップメント(藍鼎国際)は、
早ければ今年6月にも総工費22億ドル(約2243億円)の
「リゾート・ワールド済州」(仮称)の建設を開始し、2017年の開業を目指す。

新施設の敷地面積は230万平方メートルで、800台のゲーム台を有するカジノをはじめ、
テーマパークやショッピングモール、合計客室数2800室のホテル3棟などを建設する。

中国国外への初進出となるランディングの幹部は、
韓国を昨年訪れた中国人観光客が前年比53%増の430万人だったと指摘。
「北京や上海からカジノへ行くならば、マカオよりも済州島のほうが近い」と述べ、
中国人観光客をターゲットに想定していることを明かした。

一方、ゲンティン・シンガポールはシンガポールで
カジノ付き統合リゾート施設「リゾート・ワールド・セントーサ」を運営している。
09年完成の同施設は12年に年間利用者が約1600万人に達するなど
アジアのカジノ付き統合リゾートの成功例として知られており、
同社の親会社ゲンティン・グループ(マレーシア)はここ数年、米国や英国を含む国外進出に注力している。

現在、韓国国内にあるカジノは17カ所。自国民が利用できるのはソウルに近い江原ランドのみで、
残り16カ所が外国人専用となっている。現地紙中央日報によると、
12年の国別カジノ入場者数は中国が40.7%で首位、日本が33%で2位だった。
近年は中国人利用者の増加もあってカジノの外貨収入が順調に拡大。
12年は約11億4000万ドルに達し、06年の約5億ドルから倍増した。(ソウル支局)

http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140219/mcb1402190654031-n1.htm
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/140219/mcb1402190654031-n2.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392910251/
【【韓国】中国系資本、済州島にカジノ付きリゾート 中国人観光客呼び込みへ17年開業目指す】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 23:00:03.06 ID:???
米中が模索する「新型大国関係」について、
米オバマ政権で対中政策立案の中心的役割を果たした
ジェームズ・スタインバーグ前国務副長官が朝日新聞のインタビューに応じた。

決定的な対決を避けようとする両国の試みは正しいとしつつ、
中国による防空識別圏設定などで「問題が生じた」と指摘。不信感が双方にあるとし、
「長期的な戦略に基づいた変化の兆候なら非常に危険なことだ」と強調した。
 
日中関係にも言及し、対立が続く尖閣諸島問題での「棚上げ論」を支持した。

国務副長官は国務省ナンバー2で、
スタインバーグ氏は2011年7月までの任期中、何度も訪中した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140220-00000003-asahik-pol

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392904803/
【【朝日新聞】スタインバーグ前米国務副長官「米中の『新型大国関係』は正しい。日本は中国主張の尖閣棚上げ論に応じよ」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 22:42:45.71 ID:???
韓中議員外交協議会のメンバーとなっている韓国の議員ら43人が20日、中国訪問を開始した。
韓国からの議員訪中団としてはこれまでで最大規模。

従来、韓国の議員外交は日本との関係を重視していたが、
専門家は「韓日関係の悪化により、韓国の議員外交は中国との関係強化の方針に転じたとのシグナルだ」
と指摘している。韓国・亜州経済の中国語電子版が20日伝えた。

報道によると、訪中団の43人は3泊4日の日程で中国を訪問。
習近平国家主席や全人代常務委員長(国会議長に相当)らと会い、
両国間のさまざまな懸案について意見を交わす。

2009年当時、日本からは小沢一郎氏率いる日本議員団130人が訪韓。
韓国と日本は相互に大規模な議員の訪問があった。
しかし、その後に両国の関係が悪化したことで、議員連盟の規模は縮小。
昨年11月に韓日議員連盟の黄佑呂会長が率いて訪日した韓国議員は40人足らずだった。

今回、韓国の議員らは「中国との友好関係促進が必要だ」として訪中。
参加人数は11月の訪日の規模を上回ることから、
韓国の議員外交の中心が中国に移り始めたとみられる。 (編集翻訳 恩田有紀)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140220-00000033-xinhua-cn

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392903765/
【【中韓】韓国の議員外交、日本より中国との関係強化に方針転換―韓国メディア】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 22:09:25.29 ID:???
米国を含む国際社会が、安倍政権の極右的な傾向に疑問を深める中、
安倍首相の腹心が19日に突然、同盟国の米国が安倍首相の靖国神社参拝を批判したことに不満を表明した。

日本メディアの19日の報道によると、衛藤晟一首相補佐官はこのほどユーチューブで「国政報告」を発表し、
安倍首相の参拝に対して米国が「失望」の態度を見せたことを批判し、
日本は米国の態度に「失望」していると称した。

この動画によると、衛藤氏は安倍首相の参拝の地ならしをするため、
昨年11月20日に米国でラッセル国務次官補ら高官と会談した際に、
安倍首相に靖国神社の参拝の意向があり、その場合は米国に理解してもらいたいと予告していた。
衛藤氏は12月上旬に駐日米国大使館を訪問し、安倍首相の参拝後に「支持」を表明するか、
少なくとも反対しないよう求めた。

衛藤氏らは米国を手懐けられると勘違いした。ところが安倍首相が昨年12月26日に靖国神社参拝を敢行すると、
駐日米国大使館は真っ先に声明を発表し、「失望」を表明した。米国務省はその後、
「失望」の意思を繰り返した。安倍首相の参拝が米国の不興を買ったことは間違いない。

国際社会の批判と疑問視に対して、安倍政権は反省しないばかりか開き直り、
米国が安倍首相の側についていないと八つ当たりをした。

衛藤氏が米国に「失望」を表明する前に、安倍首相のもう一人の腹心、
萩生田光一総裁特別補佐も今年1月に自民党内で開かれた会議で、
オバマ政権の「失望」の態度を批判した。
荻生田氏は、民主党とオバマ大統領が政権を握っていなければ、
米国がこのように日本に横槍を入れることはなかったと称した。

衛藤氏も荻生田氏も安倍首相の腹心中の腹心であり、安倍首相の参拝の主な立役者であったことは、
日本の政界で周知の事実となっている。彼らの米国に対する「失望」は、安倍首相の本音を代言している。

衛藤氏が「失望」の動画を発表する前日、安倍首相は日本における極右的な言論の陣地『産経新聞』の
主要コラム「正論」の年間大賞授賞式に出席した際に、この立場では発言が極めて不自由であり、
彼らが言いたいことを言えるのが羨ましいと発言した。

安倍首相は何を言いたいのだろうか?「正論」を見ると、歴史否定、侵略の美化、軍拡、
嫌中・嫌韓の言論が満ち満ちている。安倍首相が公の場で口にできないことは、
右翼の政治家が代わりに発言するというわけだ。安倍首相は米国に対する不満を口にしようとし、
衛藤氏、荻生田氏らが「スピーカー」の役割を演じている。

米国は安倍首相の腹心による「失望」で目を覚まし、
安倍首相の路線がアジア太平洋の安全にもたらす危険性を真剣に分析するべきだ。

安倍首相らの「日本の夢」が、靖国神社参拝に留まることは絶対にない。
安倍首相の米国に対する今日の「失望」は、明日には米国への「敵視」になる可能性もある。

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2014-02/20/content_31536275.htm
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2014-02/20/content_31536275_2.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392901765/

【【中国網】安倍首相腹心が米国へ『失望』を表明、米国は目を覚ませ。安倍首相を止めねば日本は米国へ敵対する】の続きを読む

このページのトップヘ