トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

海外

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 20:14:13.13 ID:???
2014年2月17日、複数のタイメディアによると、1月末の中国の旧正月以来、
チェンマイにも多くの中国人が訪れているが、
市内の文化施設や観光スポットでの中国人観光客によるマナー違反や迷惑行為の数々に、
多くの市民から怒りの声が相次いでいる。

この2月に入り、4日から10日の1週間だけでも、
タイ政府観光庁チェンマイ事務所や警察署などに寄せられた苦情はすでに2200件を超えている。

苦情内容としては、禁煙エリアでの喫煙、列への割り込み、ホテル内や公衆トイレで水を流さない、
観光スポットでの落書きや唾吐き、寺院や文化施設内にて大声を上げるなど。

特に市民の怒りを買ったのは、ショッピングモール内の噴水広場で
「ハダカ」になって水遊びに興じ出す中国人もいたことだ。

この時期チェンマイを訪れる中国人観光客は1カ月5万人を超える。
タイ政府観光庁チェンマイ事務所では、観光地としてこのような事態は看過できないとし、
旅先でのマナーを守ってもらうようチラシを作成して、
中国の政府機関や旅行会社などへ送付することを検討している。(提供/Global News Asia・翻訳/編集:南巴達雄)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=83571&type=0

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392894853/

【【タイ】中国人観光客の心ない行為にチェンマイ市民から怒りの声】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 17:11:13.81 ID:???
(前略)
デイリー・テレグラフ(WEB版)に寄稿した内容は、劉大使のものよりも林大使のものの方が、
はるかに説得力のあるものだった。

劉大使の寄稿は、安倍首相の靖国参拝から始まり、靖国神社の説明と、
靖国への訪問は中国や韓国の強い非難があること、安倍首相には自責の念がなく、
中国脅威論を高め軍国主義への復活に都合のいい言い訳にしていることなどが挙げられた。
総じて観念的で、言いがかり的な要素の強い印象を与え、
根拠のない非難で日本に対する不信感を植え付けさせようとする狙いが透けて見えるものであった。

その劉大使の文章に比べ、林大使の寄稿は事実を淡々と述べたものであった。
2013年2月のレーダー照射事件は戦闘行為にも等しいこと、
中国船は繰り返し日本の領土に侵入していること、また一方的な防空識別圏の設定にも及んだ。
さらには日本が戦後68年の間、民主主義国家であり続けたこと、人権を尊重し、
世界平和にもコミットしてきたことなどを述べた。

さらに、過去20年において自国の軍事費が10%以上も増加している国が、
隣国を軍国主義と呼ぶことの矛盾も指摘した。そして、中国が好んで使う「ドイツの謝罪」を例に挙げ、
これにはドイツのリーダーの誠実さとともに、フランスや英国、その他欧州のリーダーたちの寛大さが、
和解への達成をもたらした重要な要素であったことを加えた。
(中略)
さて、さらに関心を引くのが、読者から記事に寄せられたコメントである。デイリー・テレグラフの読者の間では、
「チベット問題はどうなのか?」「ウイグル問題はどうなのか?」「天安門事件は?」「文化大革命は?」
などの議論が持ち上がった。いずれも中国にとっては“禁断の泣き所”である。

参考までにマリナ・メンデスさんのコメントを紹介しよう。

I am too far away from both Japan and China to really have a strong interest in their problems with each other.
But in my humble opinion, the Chinese government must compensate and apologize to the Tibetans and Uighurs,
and vacate their homelands which it has invaded and occupied illegally through killing and wars of conquest,
before it can talk to Japan about any similar issues (apology, militarism, etc.)

要約すれば「日本の謝罪や軍国主義について語る前に、
中国政府はチベット、ウイグルに対して謝罪すべきである」という内容である。

中国に有利な世論を形成するには、日本に「軍国主義」の烙印を押すのが手っ取り早い。
だが、それは69年前の終戦までの話であり、現在に至るまで日本はどことも戦火を交えていない。
建国後も国内外で武力をふりかざし軍事予算を積み増す中国が、
「日本は軍国主義だ」と中傷しても、なんら説得力を持たない。ましてや、世界の国民が冷静に判断すれば、
「共産党独裁で人権をないがしろにする中国が、日本のことを言えるのか?」という議論にも容易に発展する。

中国はテレビ放送など多様な手段を通して日本攻撃を展開している。中国中央テレビだけでも24チャンネルを有し、
6つの公用語で放送、また中国ネットテレビに至っては12言語での視聴が可能だ。
世界への情報伝達力は、いまだ「NHKワールドの英語放送」の域を出ない日本をはるかにしのぐものがある。

また、各国駐在大使を総動員しての刷り込みも効果を上げたかもしれない。さらにネット上では、
「世界に散らばるイングリッシュネイティブの中国系」が中国政府の主張を声高にバックアップするシーンも日常化している。
ただし、それらは共産党の宣伝メディアによる情報発信であり、
鵜呑みにできるものではないことを、一部の聴衆は認識している。

デイリー・テレグラフに書き込まれた500を超えるコメントの中には、中国支持者によるものももちろん存在した。
だが、それでもなお、全体としては中国の一面的な発信に疑問を投げかける冷静な読者が世界に存在することを告げるものであった。

ものごとを多面的に見る習慣を持つ国際感覚のある人たちから見ると、
中国の対日バッシングはいかにも「子供じみた行為」に映る。
中国は世論形成作戦をあまりやり過ぎると、かえって藪蛇になるだけだろう。

http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39938?page=3
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39938?page=4
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/39938?page=5

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392883873/
【【イギリス】英国紙に中国大使が「反日」寄稿→「まずチベット・ウイグルに謝罪せよ」など500件のコメントが寄せられる】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ニライカナイφ ★ 2014/02/20(木) 12:33:19.52 ID:???
◆【スクープ最前線】韓国「二股外交」に米で怒りの声が噴出 
 ~ケリー国務長官の忠告も無視され…

米国が、我慢の限界に達しつつある。
朴槿恵(パク・クネ)大統領率いる韓国が、米国と中国を両天秤にかける狡猾極まる
「二股外交」を展開し、批判を避ける口実のように「反日プロパガンダ(謀略宣伝)」を
続けているためだ。
こうした怒りは、ホワイトハウスよりも、東アジアの安全保障に責任を持つ国防総省内で
強いという。ジャーナリストの加賀孝英氏が、日米の関係当局者を直撃した。

「米政府や軍幹部の中から『韓国はすべてを壊す気か!』と、怒りの声が噴き出ている。
同盟国である米国に恥をかかせ、しかも公然と米中両国から利を引き出す二股外交を
展開している。まともじゃない」
旧知の米国防総省関係者はこう吐き捨てた。
日本人としては「気づくのが遅すぎる!」と言ってやりたい。
韓国にだまされて、国内各地に慰安婦の像や碑を設置している米国だが、
やっと韓国の異常さに気付いた政府首脳や軍幹部が増え始めた。

先週13日、ソウルでこんな出来事があった。
訪韓中のケリー米国務長官は、朴大統領、尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談後、
尹外相と共同記者会見に臨んだ。
ケリー氏は真剣なまなざしで「(北朝鮮の挑発を抑止するためには)日米韓3カ国の
緊密な協力が必要だ。日韓が過去にとらわれず前に進むことが、米国の国益にもかなう」
といい、日韓関係の改善を促した。

これに対し、尹氏は「日本の指導者らの(歴史問題の)修正主義的言動が続けば
信頼が損なわれる。歴史を直視すべきだ」と、いつもの日本批判を続け、ケリー氏の
忠告を完全に無視したのだ。
公衆の面前で、尹氏にバカにされたケリー氏はイラつき、
その表情はみるみる険しくなっていた。

以下、複数の米国政府、国防総省関係者から得た情報だ。とくとお読みいただきたい。
「ケリー氏の正確な発言は『put history behind them』だ。
一部メディアは『歴史問題を克服しろ』と訳したが、真意は『過去は忘れろ。水に流せ』
という強烈な忠告だ。それを無視されて、ケリー氏や米国のメンツは丸つぶれになった」
「ケリー氏と朴氏の会談は、当初45分の予定だったが、約2倍の1時間40分もやった。
朴氏は北朝鮮問題そっちのけで、慰安婦問題や安倍晋三首相批判に力を入れていた。
米国の言うことがまったく分かってない」
そして、こんな怒りにつながる。
「韓国は暗に『中国につくぞ』と米国を脅して無理難題を頼み、一方で中国と結託して
日本叩きをしている。これが中国が狙う、尖閣諸島強奪などの海洋権益の拡大や、
日米同盟の亀裂拡大に利用され、東アジアを不安定にしている。
韓国こそ東アジアの癌だ。こんな二股外交を続けていれば、
米中両国が韓国を『裏切り者』と呼ぶ日が必ずやってくる」

米国が切れるのも当たり前だ。
ちなみに、慰安婦問題で付言しておけば、この問題は、一部メディアの間違った
(捏造した?)記事から始まり、韓国の「旧日本軍が性奴隷として約20万人の
朝鮮半島出身女性を拉致、強制連行した」という主張を示す客観的証拠はない。

写真:韓国による対中すり寄りに、米軍の我慢も限界。
ケリー米国務長官(左)と韓国の尹炳世外相との間にも微妙なすき間が…=13日
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/photos/20140219/frn1402190723001-p1.htm

ZAKZAK 2014年02月19日
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140219/frn1402190723001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140219/frn1402190723001-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140219/frn1402190723001-n3.htm

>>2以降へ続きます。

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392867199/
【【コラム】米中から利を引き出す韓国の二股外交…韓国に騙されて国内各地に慰安婦像を設置した米国がやっと異常さに気づき始めた】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/20(木) 01:25:06.51 ID:???
フィリピンで韓国人1人また殺される…「観光客初犠牲」

2014-02-19 15:51

最近フィリピン北部地域で韓国人1人が怪漢たちの銃撃を受けて死亡する事件がまた発生した。

19日、在フィリピン韓国大使館によれば韓国人ホ某(65)さんが18日夜7時45分(現地時間)
北部観光都市アンヘレスで仲間3人と一緒に近隣のホテルへと歩いて行く途中バイクに
乗った怪漢2人から銃撃を受けた。

この銃撃によりホさんはその場で死んだ。

犯人たちはバイクを利用してホさんたちに密かに近付いて9㎜ピストルを数発発射したものと判明した。

フィリピンで韓国人僑民ではない観光客が怪漢たちの銃撃を受けて死んだのは今回が初めてだと
韓国大使館側は明らかにした。

アンヘレス地域では去る1月にもバイクに乗った怪漢2人が銀行でお金を引き出した韓国人1人に
銃傷を加えた後2万ドルを奪って逃げる事件が発生した。

アンヘレスはマニラから北西方へ約80㎞に位置する有名観光地で去年4月中旬にも韓国人2人が
武装怪漢たちの銃撃を受けて1人が死んで他の1人が重傷を負った事がある。

これと関してルソン島中部地域韓人会などは韓国人たちを狙った犯行が続いていると憂慮を表明した。
(中略)

フィリピンでは先月中旬にも北部観光都市バギオの高速道路上で韓国人と見られる40代初盤の男
1人が銃撃を受けて死亡した。(中略)

フィリピンでは去年計13人の韓国人が殺害され皆現地で事業をする僑民たちと確認された。(以下略)

http://news.nate.com/view/20140219n27981?mid=n1006

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392827106/
【【国際】フィリピンでまた韓国人が殺害される 先月も犠牲者、昨年は13人が殺害される】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆ENPDAsv5PuwA @ターンオーヴァーφ ★ 2014/02/20(木) 01:45:51.30 ID:???
ボツワナ、北朝鮮と断交=人権軽視を理由に

時事通信 2月20日(木)0時43分配信

アフリカ南部のボツワナ政府は19日、北朝鮮との外交関係断絶を発表した。
北朝鮮の人権侵害を強く非難する国連調査委の報告を受け、
「人権を軽視し続ける政府とは関係を持ちたくない」と理由を説明した。

ボツワナ政府はまた
「金正恩体制下で非人道的な扱いを強いられている北朝鮮国民に対し、心からの同情」を表明した。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140220-00000005-jij-m_est

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1392828351/
【【外交】アフリカ南部のボツワナ、北朝鮮と断交「人権を軽視し続ける政府とは関係を持ちたくない」】の続きを読む

このページのトップヘ