トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

政治

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/09(月) 19:30:00.05 ID:???
安倍晋三政権が、外国人の通名(通称名=日本人名)の厳格化に乗り出した。
総務省自治行政局外国人住民基本台帳室長が先月15日に通達を出し、外国人が通名を記載する際には要件を厳格にした上で、
原則として変更を許さないものとしたのだ。総務大臣政務官時代からこの問題に取り組んできた、自民党の片山さつき参院議員が、通名の問題点を語った。

「日本人が改名するには、家裁の許可が必要です。しかし、外国人の場合、届けるだけで通名を変えられる。これはいかにもおかしい。通達により通名が容易に変更できなくなって当然です」

片山氏はこう語る。

外国人が通名を変える例は珍しくない。中には、数十回も変えたケースもあり、不正の温床になることも。
実際、11月1日、埼玉県警組織犯罪対策課と大宮西署は何度も通名を変えて約160個もの端末を転売した韓国籍の男性を、組織犯罪処罰法違反および詐欺容疑で逮捕した。

片山氏は「通名制度も、そろそろ見直した方がいい」といい、存在への疑問をこう語る。

「通名制度は、昭和14(1939)年の創氏改名制度で日本名を持った人々が、敗戦後の21(46)年の姓名復旧令で、その日本名を使用したのが始まりです。
日本で生きていくにはその方が便利だったというほかに、戦後の混乱期に、一度登録した通名で商業登記や不動産登記などの手続きが積みあげられてしまった側面もありました」

だが、通名を記載できた旧外国人登録制度(2012年廃止)とは異なり、現行制度では、特別永住者証明書にも在留カードにも、通名を記載する個所がなくなった。片山氏は続ける。

「戦後生まれの人は、通名を持つ意味は少ない。日本名を名乗りたければ帰化すればいいのです」

確かに、そうすれば通名を隠れみのにして外国人が政治献金することも防止できる。
さらに通名は、日本の安全保障にも影響しうる可能性がある。さらに、片山氏はこう警告する。

「中国の習近平国家主席が国防動員法に基づいて、日本にいる中国人に登録を求めています。
中国が沖縄県・尖閣周辺の空域に『防空識別圏』を設置するなど国内外で緊張感が高まる現在、

通名で潜伏する中国人たちが北京政府の指示の下でいきなり蜂起するようなことは、絶対に避けなければなりません」 (安積明子)

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131209/plt1312091534001-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20131209/plt1312091534001-n2.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1386585000/

【総務省、通名制度を見直し 変更数十回で転売行った在日韓国人など不正犯罪の温床となる事も】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/06(金) 14:17:29.30 ID:???0
★池田早大教授「最近のマスコミのバッシングは下品だ」〈週刊朝日〉
dot. 12月5日(木)16時14分配信

早稲田大学国際教養学部の池田清彦教授は、最近の日本を見ているとあの国のようになっている
気がしてならないと語る。

いささか旧聞に属するが、参院議員の山本太郎が園遊会で天皇に手紙を渡した行動が、マスコミ
挙げてのバッシングにあい、私はかなりあきれた。時をほぼ同じくして、みのもんたが次男の
引き起こした事件に関して、これまた大バッシングの嵐にさらされて、この国はホンマに下品な
国だと相当あきれた。

山本太郎もみのもんたも、上品と下品に分ければ下品な方だと私も思うけれども、犯罪を起こした
訳でもない個人を、マスコミ挙げてバッシングするのは、山本やみのよりもさらに下品である。
山本太郎の問題に関し、英国BBCのキャスターが、番組の中で「エチケットはそんなに大ごとなのか」
と失笑したと伝えられるが、これが普通の国のまともな大人の常識であろう。(中略)

受動喫煙は体に悪いといういい加減な理由で、神奈川県は条例を定めて飲食店に禁煙や分煙を
義務づけたが、それで客足が止まり食えなくなって店をたたんだ人が何人もいる。受動喫煙より
原発の方がはるかに危険なのは論を俟(ま)たないが、前者は規制されて後者は許されるのは、
喫煙者は政治的弱者で原発推進派は政治的強者だからである。

朝日新聞の世論調査によれば、小泉の原発ゼロ主張「支持」は60%とのこと。国民の多数派の主張が
政治的強者にならないとは。やっぱりこの国は北朝鮮化しつつあるのかもね。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131205-00000009-sasahi-soci

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386307049/
【「山本太郎は犯罪を起こした訳でもないのに、バッシングするマスコミは下品だ」…池田清彦早大教授 朝日w】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 九段の社で待っててねφ ★ 2013/12/08(日) 15:55:38.94 ID:???0
みんなの党の渡辺喜美代表は8日、江田憲司前幹事長が離党表明したことを受け、
「新党準備行為は反党行為であると言ってきた。出ていっていただく」と述べた。
都内で記者団に答えた。

 江田氏が離党理由で渡辺氏の党運営を批判していることについては「政策の実現
こそ政党の一番大切な使命だ。あらかじめ組む相手を想定して野党再編と言っている。
まさしく次の選挙目当てだ」と反論した。

 比例選出の議員が離党届を提出した場合は「比例の議席はみんなの党の議席だ」
として議員辞職勧告を出す方針を明らかにした。

http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131208/stt13120815490004-n1.htm
10月9日、みんなの党の勉強会で質問に答える渡辺代表。手前は江田前幹事長=衆院第2議員会館
no title

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386485738/
【みんなの?党? 渡辺代表「出ていっていただく」 江田氏の離党表明に 俺の党?】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/07(土) 23:30:12.53 ID:???0
★秘密保護法「議論十分でない」76% 朝日新聞世論調査
2013年12月7日23時03分

特定秘密保護法が6日深夜に成立したことを受け、朝日新聞社が7日、全国緊急世論調査(電話)を実施
したところ、秘密保護法の国会での議論が「十分だ」は11%にとどまり、「十分ではない」が76%に
達した。賛否については賛成24%、反対51%となり、法律が成立してもなお反対が多数を占めた。

特定秘密保護法への賛否の質問は今回で3回目。成立前に法案への賛否として聞いた11月定例調査
(9~10日)では、賛成30%、反対42%。前回の緊急調査(11月30日~12月1日)では
賛成25%、反対50%で、反対が賛成を上回る傾向が続いている。

秘密保護法に賛成の層でも議論が「十分だ」は30%しかなく、「十分ではない」が59%に上る。
反対の層では「十分ではない」が89%に達した。与党は「審議が尽くされた」として参院の採決に
踏み切ったが、国民の多くは議論が足りないと思っている。

国会審議の進め方や法律の内容についても疑問の声が多い。与党が衆院に続き、参院の委員会でも採決を
強行したことは65%が「問題だ」と回答。政府に都合の悪い情報が隠されるなど恣意(しい)的な運用
に対する不安を「感じる」も73%に上り、「感じない」の18%を大きく上回った。

一方、秘密保護法への見方とは別に自民一強体制について尋ねると、「よいことだ」は19%にとどまり、
「よくないことだ」が68%に上った。自民支持層でも56%が「よくない」とみている。最近の国会の
状況をみて、安倍内閣や自民党に国民の声を聞こうとする姿勢を「感じない」も69%となり、「感じる」
の16%を大きく引き離した。

安倍内閣の支持率は46%、不支持率は34%。前回の支持率49%、不支持率30%に比べて差が縮まった。

http://www.asahi.com/articles/TKY201312070366.html
no title

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386426612/
【どこに電話したの? 朝日電話で緊急世論調査 秘密保護法「議論十分でない」76%】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/07(土) 22:11:15.43 ID:???0
特定秘密保護法をめぐり、マスコミの論調と「ネット世論」の大きなギャップが改めて浮き彫りになった。
マスコミ各社が総じて「反対」の立場を取ったのに対し、各種ネット調査では「賛成」が優勢を占める結果が相次いだのだ。
「知る権利、民主主義の危機」を訴えた既存マスコミとの差異は何だったのか。

(中略)
マスコミ各社が発表してきた世論調査では、「反対・慎重派」が国民の多数派(マジョリティー)を占める。
朝日新聞が11月30日~12月1日にかけ行った調査によれば、法案「賛成」はわずかに25%で「反対」50%を大きく下回る。
「今国会で成立」を支持した人は22%に留まり、過半数は「継続審議」を唱えた。
法案に対し賛成寄りの立場を取ってきた産経新聞の調査(FNNとの合同)でさえ、「慎重に審議すべき」が82.5%に上る。
「どんな世論調査を見ても、この法案に反対する声は5割にも広がり、賛成の声は2~3割にすぎません」(共産党の志位和夫委員長)と
いうのは、ネット以外の「マスコミ」を見る限りでは事実だ。

ところが、インターネット上で行われた調査では、「真逆」の結果も少なくない。
たとえばJ-CASTニュースが2~5日にかけ行ったウェブアンケートでは、6269票のうち実に55%が、「今国会で成立」を支持していた。
一方の「廃案」は29%、「慎重審議」はわずか13%に過ぎない。
ニコニコ動画などでドワンゴ、ニワンゴが行った調査でも、「今国会成立」支持が36.6%で「多数派」を占める。

2ちゃんねるなどでも法案成立直後から、「日本の夜明けキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」
などと歓迎の声が相次ぐ。国民全体から見て多数派かどうかはわからないが、一定の「賛成」の声があることは間違いない。
もっとも、こうした「歓迎論」をマスコミはほとんど黙殺している。
>>2へ続く

http://www.j-cast.com/2013/12/07191108.html?p=all

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1386421875/

【ネットは「秘密保護法」賛成が多数! 背景に大手マスコミへの不信感】の続きを読む

このページのトップヘ