トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

政治

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/01/27(月) 19:00:36.52 ID:???0
日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長は27日、NHKの籾井勝人会長が従軍慰安婦問題に関し
「どこの国にもあった」などと発言したことをめぐり、「トップがそういう発言をすることはなんら問題がない。まさに正論だ」と述べ、理解を示した。

NHK会長としての政治的中立性が問題視されていることについて
「番組を作る現場に介入すると問題になるが、発言は問題ない」と指摘。

通常国会で追及する必要はないとの認識も示した。見解自体に関し
「僕とまったく同じだ」と強調した。市役所で記者団の質問に答えた。
http://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/01/27/0006666749.shtml

引用:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1390816836/
【【NHK会長発言】 橋下氏 「なんら問題がない。僕とまったく同じ見解だ」】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 蚯蚓φ ★ 2014/01/22(水) 23:17:16.49 ID:???
2007年、朝鮮学校撤去危機の取材のため東京に出張した時だった。在日同胞父兄と夕食を一緒
にしたところ、ある父兄と懇意にしている一群の日本人たちが同席することになった。彼らは地域
で活動する日本民主党党員たちで、かなり社交性があった。特に「韓国からきた記者」に大きな関
心を見せた。酒がまわり話が続いていたが、通訳をした父兄が通訳に困ったように突然慌てた表
情になった。

「遠慮せず事実通りに話してくれ」と言ったところ、その父兄いわく「なぜ韓国では竹島(独島(ドクト)
の日本名)が自分たち土地だと言い張るのかと訊ねています。」後頭部を殴られたようだった。「日
本民主党は味方だと思っていたが。」説明したが通訳してくれた人によれば、その日本人は本来
独島がどこにあるかも知らないだろうという。韓国からきた人がいるというのに、韓国についてほと
んど知らずに、言い出したのが‘竹島’だったわけだ。

ところがその場に‘知韓派’もいた。年齢が六十以上に見える彼は「韓国の躍動性がとてもうらや
ましい」という。特に韓国の民主化と市民運動に関心が高かった。日本は自民党が事実上独裁し
ているが、人々はこれを変えようと考えもせず、小さな生活の中のことばかり執着しているという愚
痴が続いた。

当時の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に対する関心も見られた。ところが対話の中で「韓国はなぜ反
米をするのか」という質問が出た。軍事的に米国の保護下にあって、経済的にも米国の支援によ
って現在のような成長を遂げたが米国を排斥するのが理解できないということだった。韓国国民
みなが反米なわけではなく、韓国社会を支配する情緒ではないと説明したが、酒の席だからさら
に深い討論はできなかった。(中略:日本人の相反する対米感情)

ある在日史学者は言う。「‘韓国はなぜ反米か’と訊ねましたか?不思議な人ですね。その人は多
分、韓国に滞在したか、でなければ意識的に韓国を勉強したと見られます。ドラマや音楽のような
韓流はありますが、大部分の日本人は韓国、さらに広くアジアに関心自体がないですね。」

ところがこの頃、日本国内の雰囲気に微妙な変化が感じられる。アジア、特に東北アジア情勢に
日本が敏感に反応している。背景は中国の浮上だ。日本の読売新聞と米国ギャラップが先月実
施した調査によれば‘中国を信頼しない’という日本人が88%に達した。反面‘中国を信頼する’と
いう回答は5%に終わった。日本人は‘軍事的威嚇になる国家’についても中国(78%)を最も多く挙
がった。北朝鮮(74%)より高い数値だ。2011年までは中国と北朝鮮が逆だった。

ところが一緒に韓国に対する感情も悪くなっている。‘韓国を信頼しない’という日本人が72%で
‘韓国を信頼する’という回答(16%)の4.5倍に達する。韓国を軍事的威嚇国家に選んだ比率も45%
に達した。2006年には韓国を軍事的威嚇国に選んだ比率が20%だったから8年間で2倍を越えロ
シア(40%)も追い抜いた。この様な意識変化には安倍政権の右傾化政策も一役買ったと見られる。
中国、韓国と絶えず領土葛藤や教科書歪曲論議を起こすのだから、少なからぬ日本人の「腕は
内側に曲がる」わけだ。

高まる東北アジアの緊張は日本国内の親米指向の強化に現れている。‘米日関係が良い’という
回答が55%で調査開始後、最高値を記録したという。東北アジア外交を反日感情に偏ったまま国
内政治用だけで接近するなら歴史の悲劇は繰り返されるだろう。ところがパク・クネ大統領には致
命的弱点がある。すでに多くの日本人たちが「日本軍将校、高木正雄(たかぎ まさお)の娘が大
統領になった」とコソコソ話している。パク・クネ大統領は日本に必要以上の強硬な姿勢を見せた
り、少なくとも日本に‘巻き込まれないように’する可能性が高い。

ぜひパク・クネ大統領がパク・チョンヒ大統領の娘でなく‘新甲午更張(改革)’時代の大韓民国大統
領だという点に留意することを願う。

キム・ハヨン記者

ソース:プレシアン(韓国語) 中国vs日本、韓国はどこにあるのか
http://www.pressian.com/news/article.html?no=113037

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390400236/
【【日中韓】 中国vs日本、韓国はどこにあるのか~味方のはずの日本民主党が韓国の事をほとんど知らなかった】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/28(土) 11:12:32.08 ID:???
☆★☆★2013年12月28日付

「あれは一体なんだったのか?」ということになろう。
首相はじめ閣僚など靖国参拝をするのが常態化するようになる後年に、
多くの日本人がふと振り返る現在の姿である

▼安倍首相がついに靖国参拝に踏み切ったことで、
かねてからそれを望んでやまなかった小欄はほっとしている。年内見送りの予想もあった中、
先の政権時代に参拝を見送ったことを「痛恨の極み」としていた同首相が所信を貫いたことは、
国柄の見直しにつながるだけでなく、宰相として守るべき言行一致になるからだ

▼首相の説明を待つまでもなく、参拝は歴史と伝統の中で自然に培われた慰霊と鎮魂を願う自然な心情の発露であり、
外部からとやかく言われる筋合いのものではない。だからこそ戦後の歴代首相が参拝を続けても、
内外共に何ら異議を差し挟まれなかったのである

▼それがいつの間にか政治問題化し、外交カードにされるようになった。
それは明らかに内政干渉なのだが、中曽根首相が参拝を見送るようになって以後、
あつれきを恐れた歴代首相の弱腰が相手につけ込む隙を与え、国内のメディアまでがそれに呼応、
民心までが動揺する状況をつくりあげる

▼首相が小泉首相以来の参拝を決断したのは、刺さったままのトゲを抜こうという思いからであろう。
むろん中韓からの圧力に加えてモンロー主義(われ関せず政策)に陥った米国の危惧も織り込み済みだろう。
いずれ、ここで懸案に一挙にケリをつける判断と、あえて火中の栗を拾う覚悟を誰が責められるだろうか?

http://www.tohkaishimpo.com/scripts/column.cgi

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388196752/

死者を手厚く葬るのは大切な事だと思いますよ。死んだら関係ないじゃないですか。中国や韓国のように人の命を何とも思わない国家とは違うのです。

【【東海新報】安倍首相の靖国参拝、慰霊と鎮魂は外国に内政干渉される物でなく当然。米中韓の圧力も織り込み済みだ】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/26(木) 22:58:58.27 ID:???
年も押し詰まった26日午前、安倍晋三首相が突然、東京・九段北の靖国神社を参拝した。
首相の決断に理解を示す人がいる一方で、憲法違反だとして裁判を起こす動きも出始めた。
「中国や韓国との関係がますます冷え込んでしまう」。
市民レベルで草の根の交流を続けてきた人たちからは心配する声が上がっている。

◇中華街

「中国や韓国の人々から理解が得られないと分かっていて、あえて参拝する狙いは何なのかと考えてしまう」。
日本で生まれ育ち、横浜市中区の横浜中華街で飲食店を経営している
横浜華僑総会の曽徳深顧問(73)は当惑する。両国の実情を肌で知っているだけに
「日本と中国は互いを深く知らないまま相手を嫌っているように見える。
中華街が相互理解の接点の役割を果たせればいい」と訴えた。

尖閣問題で冷え込む一方の日中関係。一般社団法人・神奈川県日中友好協会の事業では昨年、
神奈川フィルハーモニー管弦楽団の中国・広東省公演が延期になったが、
今年は県と遼寧省の友好提携30周年事業で高校生らの訪中が10月に実現した。
牧内良平会長は「民間での交流に大きな障害にはならないだろう」と話す。

一方、15年ほど前から日本中国友好協会(長尾光之会長)の講習で太極拳を学び、
今は指導員も務める関口ゆみ子さん(69)=東京都品川区=は
「靖国を参拝しなくても戦争犠牲者を悼むことはできる。慰霊の思いより政治的な意図ばかりが伝わってくる」と批判した。
「市民レベルの交流にも水を差す。戦争の責任者がまつられている場所を
国のリーダーが参拝したらどういう影響がでるか誰でも想像できるはず」

ビジネスへの影響はどうか。上海でオフィス家具やイベント用品などのレンタルを手がける
「エイトレント」(東京都渋谷区)の担当者は「中国では政治と経済を分ける考えも強い」と話し、
大きな影響はないとの見方を示す。ただし、取引先の8割は日系企業。
思うような事業展開ができず撤退する企業も出ているといい「取引先の動向は気がかりだ」
と語った。【河津啓介、北川仁士、山田奈緒、川口裕之】

 ◇コリアンタウン

コリアンタウンとして知られる東京・新大久保。K-POPが流れる「韓流スター」グッズを扱う店では、
この日も大勢の日本人女性客が、韓国の人気俳優や歌手のポスターやブロマイドを熱心に眺めていた。

「店には特に影響ありませんよ」。韓国人の男性店長は冷静に受け止めるが、不安もあるという。
「でも、これがきっかけで日韓関係がぎくしゃくして反韓デモがまた来ると嫌ですね。最近は落ち着いていたのに」

客の中には首相の参拝に理解を示す人もいた。「韓国の文化は好きだけど国は嫌い」。
韓国人歌手のファンで、茨城県牛久市からたまに店に来るという30代の女性は
「従軍慰安婦問題などで自分たちの歴史観を一方的に押し付ける韓国の姿勢には反発を感じます」。
韓国側から抗議の声が上がっていることについても「日本の立場を冷静に理解してほしい」と語った。

新大久保には韓国料理店も多い。20年前に韓国から来日した店員の女性(55)は、
首相の靖国参拝を知らなかった。「私たちは生活するだけで精いっぱい。
政治的な問題が悪化して店に来る日本人客が減らないか心配です」

一方、日本軍の捕虜監視員だったために戦後、BC級戦犯となった
在日韓国人の李鶴来(イハンネ)さん(88)=西東京市=は「日本のために亡くなった人に参拝するのなら、
日本軍属だったのに、国籍が違うだけで恩給ももらえない外国籍BC級戦犯への補償、
名誉回復に取り組んでほしい。亡くなった仲間が排除されているのはあまりに不条理だ」と訴えた。【袴田貴行、青島顕】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131226-00000124-mai-soci

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388066338/

尖閣問題にしても、靖国問題にしても、ある日急に出てきたからなぁ・・・完全に中国も韓国も政治ネタとして扱ってるだけ。内容はどうでも良くって叩けるかどうか、利益があるかどうかだけ。

別に友好とかじゃなく、自分達が上に居たいだけな感じがして嫌。捕虜監視員の人はちょっと可哀想だと思うけど。日本に協力してて名誉回復無いのは。

日本と中国は互いを深く知らないまま相手を嫌っているように見えると言うのも正解な気がする。

【「安倍首相は靖国参拝で友好に水を差さないで」「嫌韓デモ再来が怖い」在日中国人・韓国人ら懸念】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 荒波φ ★ 2013/12/26(木) 10:39:16.34 ID:???
安倍晋三首相は政権発足から1年となる26日午前、靖国神社に参拝する。
首相による靖国参拝は平成18年8月の小泉純一郎首相以来、7年4カ月ぶり。

首相は第1次政権時代に参拝しなかったことについて、かねて「痛恨の極み」と表明しており、
再登板後は国際情勢などを慎重に見極めながら参拝のタイミングを探っていた。

「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のことだ」と主張し続けた首相が、
参拝に反発する内外の圧力をはねのけ、参拝を実行した意義は大きい。

「痛恨の極みとまで言った以上、その発言は重い。戦略的にも考えている」

首相は25日夜、周囲にこう語り、靖国参拝の可能性を示唆していた。
10月半ばにも周囲に「年内に必ず参拝する」と漏らしていた。

首相は昨年12月、いったんは就任翌日の27日に靖国に「電撃参拝」することを計画したが、
このときは周辺に慎重論が強く、見送った。

就任直後でまだ中国、韓国など近隣国や同盟国の米国の反応や出方が見えにくかったこともある。

だが、その後も中韓は、首相が「対話のドアはいつでも開かれている」と呼び掛けているにもかかわらず、
首脳会談に応じようとしていない。

それどころか、韓国の朴槿恵大統領は世界各国で対日批判を繰り返し、
中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に一方的に防空識別圏を設定するなど、一切歩み寄りを見せない。

また、戦没者をどう慰霊・追悼するかはすぐれて内政問題であり、
東アジア地域で波風が立つのを嫌う米国も表立った反対や批判はしにくい。

米国とは安全保障面や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など経済面での関係を強化しており
、首相は反発は一定レベルで抑えられると判断したとみられる。


2013.12.26 10:26
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131226/plc13122610260010-n1.htm

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388021956/

ネットでは「やっとか」「GJ」といった評価の声ばかりですね。まあ中国・韓国だけは反発してますがw


【【安倍首相】中韓が歩み寄りを見せないなか、きょう靖国参拝 政権1年、就任後初】の続きを読む

このページのトップヘ