トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

中国の経済

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/27(月) 18:58:49.63 ID:???
韓国・朝鮮日報の中国語電子版は23日、韓国と中国の経済を比較し、
「韓国社会は後退しているのか?」と疑問を投げかける同紙記者の評論記事を掲載した。
主な内容は以下のようなものだ。


韓国の経済界にとって今、一番頭が痛いのは中国の存在だ。
内需市場が急拡大して中国企業が成長しており、
中国企業の資金調達能力はすでに韓国企業を超えた。技術でも韓国企業を猛追している。

こうした現象は情報通信分野で顕著で、その理由のうち最も大きなひとつは、
中国に民間企業を中心とした競争があることだ。
中国のこの分野の企業は国内市場での激しい競争によって成長してきた。

ただ、自動車分野をみると、韓国企業もやや安心できるだろう。
中国の自動車業界では奇瑞やBYD(比亜迪)といった自主ブランドメーカーが2010年以前に
「ダークホース」として期待されたが、近年は減速。国際的企業との技術の差が開いた。
国際的企業は中国国有企業との合弁で中国市場を拡大してきたのだ。

それでも、韓国の鉄道民営化をめぐるストなどの騒動をみていると、
「韓国社会は後退しているのではないか?」と疑わずにはいられない。
成長への潜在力が韓国よりも大きい中国ですら、
鉄道民営化の方向で競争システムを取り入れようとしている。

それにもかかわらず、中国以上に経済の活力を求めなければならない韓国で国民は今も、
「食いっぱぐれのない仕事」を求めているのだ。 (編集翻訳 恩田有紀)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140127-00000004-xinhua-cn

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390816729/
【【韓国経済】「韓国社会は後退してるのか?」朝鮮日報、中国と比較し自国に懸念-中国報道】の続きを読む

スポンサードリンク

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 蚯蚓φ ★ 2014/01/27(月) 16:48:39.83 ID:???
「2023年、世界は米国と中国の両極構図に完全に再編され、日本は'2流国家'なり、北朝鮮はも
はや、徹底的に閉鎖された国には留まらないだろう。」

1998年「中国崛起」という本を通じて中国が'新しい超強大国'になるだろうと早くから見通した閻学
通(イェンスェトゥン)清華大学、現代国際関係研究院長が今後10年間に起きる世界覇権戦争を
予測して本を出版しました。

昨年「歴史的慣性」というタイトルで発行され海外でかなり話題を集めたこの本は「2023年 世界
史不変の法則」というタイトルで韓国で翻訳されました。著者が「中国崛起」を出した当時はかなり
挑発的な内容で学界の冷笑を受けたが、実際に中国はその何年後には超強大国の地位を得て
関連研究もますます活発になっています。

著者は2023年を「中国のGDPが事実上米国を追い抜く時点」と意味付けします。同書の核心は
その頃、「中国が米国を追撃し世界の中心を東アジアにシフトさせ、米国は変わらない覇権国とし
て中国とニ者構図を形成するだろう」というところにあります。

日本については「日本のGDPは米国や中国の3分の1にも達し得ないだろう。日本は地域大国
に転落した事実に不満を抱きながらも現実を受け入れる他ないだろう」と予想しました。

また、北朝鮮問題と関連しては「北朝鮮の核ミサイル問題を除けば主要要素が全て韓中関係改
善に有利に作用する。北朝鮮と韓国の関係も今より改善されるだろう」と見通しました。特に金正
恩(キム・ジョンウン)政権はさらに多くの社会改革を実施することで北朝鮮社会もある程度自由を
得るようになるだろうと予想しました。

(SBSニューメディア部)

ソース:SBSニュース(韓国語) "2023年には米・中両極構図に日本は2流国家なること"
http://news.sbs.co.kr/section_news/news_read.jsp?news_id=N1002203432

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390808919/

【【書籍】 「2023年、世界は米・中ニ極構図になり日本は2流国家になる」~閻学通著「2023年 世界史不変の法則」韓国で出版】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/26(日) 23:02:21.94 ID:???
2014年1月24日、人民網によると、中国グローバル化研究センターと
中国社会科学院が21日に共同で調査報告を発表した。それによると、2011年、
個人の投資可能資産が600万元(約1億円)を上回る中国人が中国国内に保有する資産の総額は
約33兆元(約565兆円)に達し、このうち同年GDPの3%にあたる2兆8000億元(約48兆円)が海外に流出した。

また、経済研究機関・胡潤(ルパート・フーゲワーフ)研究院の報告からも、中国のミリオネアの64%が、
すでに海外に移住、あるいは財産とともに海外移住を計画しており、
移住先として最も人気が高い国は米国であることが明らかになった。

「中国海外移住者報告(2014)」の編集主幹を務めたCCGの王輝耀(ワン・フイヤオ)代表は、
中国人移民について、「国際市場に優れた投資対象があれば、中国が海外資金を吸収するのと同じように、
中国の資金が海外に流出することはごく正常な現象といえる。

だが、現在の中国に見られる
『移住者赤字(海外に出る中国人が中国に移り住む外国人よりはるかに多いアンバランスな状況)』
という現象は、決して正常な傾向ではない」と指摘した。

王代表は中国の資産2兆8000億元(約47兆6000億円)と富裕層3割が海外に流出しているとし、
「中国人富裕層のうち30%が海外に移住しているが、
海外の富裕層で中国に移住する計画を持っている人は1%にも満たず、限りなくゼロに近い。
この数値は、優秀な海外人材を導入する面で、中国はまだまだ立ち遅れているという事実を物語っている」
と述べた。(提供/人民網日本語版・翻訳/KM・編集/TF)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=82347&type=0

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390744941/
【【経済】中国人富豪の3割超が海外移住(約48兆円分)、中国に移住したい海外富裕層はほぼゼロ-人民日報】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/23(木) 00:39:43.91 ID:???
2014年1月21日、人民網は記事
「専門家:日中の経済・貿易関係、政治関係の悪化の影響はあまり大きくない」を掲載した。

18日、中日経済技術研究会主催の中日経済関係発展・自由貿易区建設シンポジウムが
北京市で開催され、20人以上の日中問題の専門家が参加した。

新華社の張可喜(ジャン・コーシー)記者は、
各種調査で日本企業の対中投資の意欲が下がっていると報じられているが、
政治問題の影響というよりも経済問題に起因している、
政治問題は中国市場における日本企業の利益に大きな影響はないと指摘した。

中日経済技術研究会会長、北京物資学院教授の孫前進(スン・チエンジン)氏も
日中の経済・貿易関係は一時的な政治問題によって大きな影響を受けることはない。
経済・貿易関係は貿易需要、日本の対中投資構造、日本企業の対外直接投資の特徴によって決定されるが、
各種リスクを勘案した長期戦略によって海外投資は決定されるものであり、
そのプランが容易に変更されることはないと指摘した。(翻訳・編集/KT)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=82139&type=0

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1390405183/
【【人民日報】「日中関係が悪化しようと日本企業の対中国投資は続く、影響は僅か」】の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: そーきそばφ ★ 2014/01/07(火) 15:59:20.00 ID:???
中国・新浪が7日、2014年に日本が中国からの経済制裁を懸念していると分析する記事を掲載した。

記事はまず、日本メディアが新年から今年の日本の動向について、「中国」と「経済」がキーワードになると指摘していると説明。
「中国」は「日本が今年、外交上、どのように中国に対処するか」、「経済」は「アベノミクスが成功するか」をということだとした。

日本の一部メディアは「中国は日本に対する有効な制裁手段を持たない」と指摘。また、
「今年は米国との関係を強化して中国をけん制する必要がある」とみる報道もある。

こうした日本側の報道に対して同記事は、「過去1年間に安倍晋三首相は中日関係の発展に逆行することをしており、
今年も続く可能性が高い。ただ中国政府は自制を保っており、まだ日本政府に対して経済制裁を行っていない」と説明。
「ただ、自動車分野などの日本企業の間には、安倍首相の靖国神社参拝をめぐり、
中国の経済制裁を懸念する声が上がってきている。中国が日本に経済制裁を行うとすれば、手段はたくさんある」と強調した。

産経新聞の4日付の報道によると、日本企業122社のうち51%が「日中関係の悪化によって良くない影響を受ける」と認識。
自動車販売の減少などを懸念していることが分かった。また、金融市場での制裁もアベノミクスの成功を難しくさせるとの指摘がある。

XINHUA.JP 1月7日(火)14時26分配信 (編集翻訳 恩田有紀)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140107-00000026-xinhua-cn

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389077960/

ある程度ほかの東南アジアやインドなんかに早めにシフトした方が良い様なきもするけど。まあ中国近いからねぇ・・・

【日本企業の間からは中国による経済制裁を懸念する声が上がっている-中国紙】の続きを読む

このページのトップヘ