トップ絵無くってゴメンナサイ・・絵が下手なんです・・・

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/25(火) 21:01:28.65 ID:???
北京特派員として赴任したばかりの記者の携帯電話には
「北京空気」という名前のアプリケーションがある。

韓国にいる時はこういうアプリケーションがあることを知らなかったが、
ここでは一日にも何度も見ている。
自分がいる場所の微小粒子状物質(PM2.5)濃度をリアルタイムで知らせてくれる。
今つけてみると411という数字が表示される。濃度が350以上の場合、
室外での身体活動を控えるべきだという説明も付く。

先週北京に来てスモッグ洗礼を浴びた元小児科専門医の朴仁淑(パク・インスク)議員からは
「半年に1回はX線撮影をし、子どもは早く韓国に帰すのがよい」と勧められた。
しかしスモッグが発生すれば直ちに現場へ、
それも最も深刻なところに駆けつけていかなければいけないのが特派員の宿命だ。

宿命といえば、14億人の中国人こそスモッグとともに生涯を生きていかなければいけない人たちだ。
そのためだろうか。北京に来たばかりの異邦人の目には、中国人は寛大というか、鈍感にさえ見える。
自動車の排気ガスがスモッグ3大主犯の一つだとして公共交通の利用を促しても、
依然として北京の循環道路は一日中渋滞している。
政府指導者は十数年間、「環保(環境保護)」を口にしているが、北京ではゴミの分別さえ義務づけられていない。

問題はこれが他人事ではないところにある。北京にスモッグが発生すれば、
必ず翌日は韓半島(朝鮮半島)に影響を及ぼす。先人が中国と韓半島の西海(ソヘ、黄海)を
「一衣帯水」といったのを実感する。北京のスモッグが海を渡りながら汚染物質を薄めるには、
西海の幅があまりにも狭い。「海の向こうのスモッグ見物」のようにはできない理由だ。

このために必要なのが国際協力だ。以前に韓国政府・民間が黄砂発源地の中国西部内陸で造林事業をし、
砂漠化防止を支援したことを感謝する中国人が今でも少なくない。
今はスモッグ緩和のための共同研究と環境技術協力に力と知恵を集めなければならない。
お互い力と技術と意志を集めれば、解決しやすくなるはずだ。

こうした事情は日本も同じだ。

先週41人の国会議員団が北京を訪問し、中国指導者に会った。
北核・自由貿易協定(FTA)などを話し合い、日本の誤った過去の歴史認識に対して一緒に声を高め、
意気投合したという。しかしスモッグ問題に対する協力について真摯に議論したという言葉はなかった。

もし時間の制約のためにそうであったのなら、
今からでもスモッグ問題を両国協力の議題として提示するのがよい。
人は呼吸しながら生きる存在だということを北京に来て実感したため、こう話しておきたい。

イェ・ヨンジュン北京特派員

http://japanese.joins.com/article/227/182227.html?servcode=100&sectcode=120

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393329688/
⇒ この記事の続きを読む

スポンサードリンク

1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/02/25(火) 21:23:57.19 ID:???
最近米国は冷戦時代に提供した兵器級プルトニウム331キロの返還を日本に催促し続けている。
実際のところ、核保有という日本の野望はとっくに周知の事実となっている。
これは日本の保有するプルトニウム40トン余りの氷山の一角に過ぎない。

日本はH1、H2ロケットを開発済みのうえ、完全な固体燃料ロケットの開発にも成功しており、
大陸間弾道ミサイル(ICBM)への改造は容易だ。すでに日本が十分な核物質、
先進的核技術、強大な運搬能力を保有していることは明らかであり、
もし本当に核の敷居を越えようとすれば、長くとも数週間しかかからないだろう。(文:思楚・国際問題専門家)

ある国が脅威か否かを判断するには、その能力よりも意図が重要だ。
われわれは日本の一部の危険で計り知れない企てに目を向けなければならない。
1967年に日本の佐藤栄作首相は「核をつくらず、もたず、もちこませず」という「非核三原則」を打ち出した。

だが、広島と長崎に投下された2発の原爆は日本人にとって永遠の胸の痛みである一方で、
その影響が二極化してもいる。1つは不戦の誓いを堅守し、永遠に核を保有しないという考え。
もう1つは核の能力を持たねばならず、そうして初めて核の不運に再び見舞われることを避けられるという考えだ。

冒頭で言及した事実から見て、前者は民衆の感情を反映しているだけであり、
後者こそが日本の現実の政策を示している。日本政治の右傾化がますます激しくなる中、
日本の核保有の衝動を日本国内の反核勢力と平和主義者が抑えつけられるのかどうか大いに疑問だ。
岸田文雄外相は先日、有事の際の米軍による核持ち込みに反対しないと公言した。
(中略)
報道によると、日本はロケット開発の初期段階に、米国のデルタロケットの技術を導入。
H1ロケットは米国の技術を少なくとも20%採用している。ここ数年、
ミサイル防衛(MD)技術の開発で米国と緊密に協力したことで、日本のミサイル能力はさらに高まった。

米国のこうしたやり方には冷戦という特殊な歴史背景があるのだろうが、
事実上すでに日本を核の敷居へと着実に近づけた。隣国を挑発し、侵略の歴史を否定する日本の一連の言動は、
日本が国際社会の責任ある一員と見なせず、尽くすべき国際責任を担う準備ができておらず、
戦略の行方に重大な不確定性があり、核拡散防止条約に対する約束ももろいものであることをはっきりと示している。

今後、もし日本が「非核三原則」の突破において先走ることがあれば、
米国を含む地域の国々の戦略的利益および国際核不拡散体制は深刻に脅かされる。
すでに朝鮮半島の核問題が地域をひどく攪乱している。もし日本の核問題も加われば、
朝鮮半島の核問題の解決が遙かに遠のくだけでなく、地域の軍拡競争が強く刺激される。
米国が全力で維持する国際的な核不拡散体制も崩壊し、「核なき世界」構想は絵空事となる。

米日同盟は一貫して利用する側と利用される側、支配する側と支配される側との関係だ。
日本が日夜思い焦がれているのは、
米国が主、日本が従という不平等な状況を変え、「強い日本」を取り戻すことだ。

現在、日本平和主義の自己抑止能力は史上最も弱まっている。
ひとたび日本が核保有の道を歩むことを決意し、そのプルトニウムによって「ノー」と言う衝動を大幅に強めれば、
アジア太平洋地域の戦略構造は徹底的に乱される。
その時になってもまだ米国が日本をしっかりと管理できるのかどうか、よくよく考えてみる必要があろう。

中米は共に大国であり、いくつかの溝はあるものの、双方共に両国の戦略的利益と
人類の前途命運に関わる重大な問題において調整と協力を強化することを強く必要としている。
実際、中米は朝鮮やイランの核問題で緊密な意思疎通と調整を保ってきた。

今後双方は日本問題についても意思疎通を強化し、日本政治の右傾化の管理・コントロール、
日本の核保有の防止について戦略面で暗黙の了解を形成する必要がある。
米国は情勢をはっきりと見るべきであり、万事同盟国を理由に線引きをし、
「虎を飼って災いを残し」てはならない。
さもなくば、米国の同盟国は他のどの国にも増して米国の利益を深刻に損なうおそれがある。(編集NA)

全文は
http://j.people.com.cn/94474/8546221.html
http://j.people.com.cn/94474/204188/8546224.html

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393331037/
⇒ この記事の続きを読む

1: 汲み取り式φ ★ 2014/02/22(土) 15:23:47.33 ID:???
金正恩氏夫人に妊娠説

顔は丸みを帯び、服もゆったりしたものに
妊娠3-5カ月か

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党第1書記の
李雪主(リ・ソルジュ)夫人に妊娠説が浮上した。

 世宗研究所の鄭成長(チョン・ソンジャン)首席研究委員は21日「北朝鮮は
今年2月18日付の『労働新聞』1面に、海軍指揮部と空軍および防空軍指揮部の
軍人が行った体育競技を金正恩第1書記が視察したときの写真を掲載した。
この写真に写った李雪主氏の顔は丸みを帯びており、服もゆったりしたものに
なっている。李雪主夫人は再度妊娠したと判断される」と語った。李雪主夫人が
今回身に着けていた服は、2012年10月に妊娠した時に着ていた服に近い色を
しており、幾分ゆったりしたものだという。鄭研究委員は、関係消息筋の話を
引用して「李雪主夫人は妊娠3-5カ月程度になるようで、今年の夏に出産する
らしい」と語った。ただし、2012年10月の写真に比べると、まだあまりお腹は出て
いないことから、正確な判断は難しいとして「李雪主夫人が妊娠したのであれば、
時間がたてばたつほどはっきりしてくるだろう」と語った。李雪主夫人は昨年、
娘を出産したといわれている。事実上「王朝国家」体制も同然の北朝鮮では、
李雪主夫人が息子を生むかどうかに関心が集まっている。

引用:朝鮮日報
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/02/22/2014022201031.html

引用:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1393050227/
⇒ この記事の続きを読む

このページのトップヘ